川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

裏側矯正ってどんな治療?

川越の矯正歯科で行っているマウスピース矯正ではなく、ワイヤー矯正というのはいわゆる「表側矯正」であり、誰もが容易にその治療法についてイメージできることかと思います。

表側という名前通り、ワイヤー矯正では歯列の表側に矯正装置を設置するため、矯正装置が目立ちやすいというデメリットがあることから、川越の矯正歯科で受けるマウスピース矯正の方が人気が高くなってきています。

一方、裏側矯正も川越の矯正歯科で行っていますが、マウスピース矯正と同様に矯正装置が目立ちにくいので、矯正治療中であることに気付かれにくいという大きなメリットを得ることができますよ。

ですから、裏側矯正を川越の矯正歯科で希望する人は、マウスピース矯正のような目立ちにくい矯正装置を求めている人であり、ワイヤー矯正には不満や不安があるケースだといえるでしょう。

そのような趣旨では、舌側矯正というのは非常に素晴らしい良いところを持った矯正治療といえるでしょう。

帰するところ舌側矯正にしろ複数ブラケットにしろ、川越の矯正歯科でも行っているような歯列矯正は数年刻みの治療期間を要します。

そうはいっても、川越の矯正歯科で解説されている通り、そうした不自然さは徐々に弱まっていく事でしょう。

とどのつまり、川越の矯正歯科に来院される患者さんの中にも歯列矯正を行っている事を周囲に知られたくなかったり、できるだけ際立たないような装置をお願いされる方がふんだんにいらっしゃいます。

川越の矯正歯科では、舌側矯正を行うときにそうした総ての良いところと悪いところを解説してくれるでしょうからご心配無用ください。

ですから、矯正治療を行っているという事がそんなにわからないのが大きな長所です。

理由を言えば、矯正装置が歯の裏側に装着されているので、舌が当たる事も多々あります。

舌側矯正は、文字通り舌が影響している方に矯正装置を据え付けするものです。

それから舌側矯正は一般的な歯列矯正よりも歯を並べにくい性質があるという点も、川越の矯正歯科で解説される事でしょう。

加えて、食事をしている場合にも障害になる事もあり得ます。

川越の矯正歯科でも、おおかたのクリニックでこの舌側矯正を行っている事でしょう。

それだけに、それぞれの治療法の長所や悪いところについては予め知っておきたいものです。

あこれも矯正装置が目立ちにくいという良い面があるだけに、少々は仕方のない事なのかもしれませんね。

▽舌側矯正の悪い面とは

川越の矯正歯科でも行われている舌側矯正は、一般的な複数ブラケットと比べると、わずかばかり不自然さが強くなります。

今度取り上げたような舌側矯正には、他にも何個か長所と短所が影響しています。

人はどういった環境にも慣れていくもので、それは口腔内においても同じです。

しかも、治療費に関しても普通の矯正治療より割高になる性質があります。

ではその一方で、舌側矯正の悪いところには一体如何にいったものがあるのでしょうか。

矯正治療の中には、舌側矯正と呼ばれるものがあります。

このように、川越の矯正歯科でも行われている舌側矯正にはいくつかの短所が影響していますので、治療を熟慮されるときにはポイントにしてみてください。

治療が始まってしまったら、わりと後戻りはできませんので用心が必須となります。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.