川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

表側矯正と裏側矯正の違い

矯正治療にはいろいろな種類がありますが、一つの分け方として表側と裏側というものがあり、川越の矯正歯科でもそのような分類について患者さまにご説明することがあります。

表側矯正と裏側矯正といわれても、あまりぱっとしたイメージがわかないかもしれませんが、実は表側矯正というのは、川越の矯正歯科でもよく行っているワイヤー矯正を指します。

マルチブラケットと金属製のワイヤーを歯列の表面に設置するのが表側矯正であり、逆に、裏側にそれらを設置するのが文字通り裏側矯正なので、川越の矯正歯科でも患者さまにご説明したら意外にすんなり理解していただけます。

ただ、この2つの装置については、いくつかの点で異なっているため、適応できる症例や向いている患者さまには違いがあるため、川越の矯正歯科としてもあくまでひとつの選択肢として裏側矯正もご提示しております。

使用される器具も異なれば、据え付けする箇所、治療に必要になる期間などもそれぞれの治療法によって大きく違ってきます。

▽矯正装置は表側と裏側の2パターンがある

矯正治療を熟慮されている方には、幾つか懸念原材料がありますよね。

それによって口元の審美性が害されてしまわないかと気がかりになるようです。

▽舌側矯正の悪い面について

それなら患者さんたちは、際立つ事のない裏側の矯正を要望しそうですよね。

そんな訳で、必然的に口元の審美性を低下させたくないという方には、舌側矯正という矯正法をお勧めします。

川越の矯正歯科で行われている矯正治療には、たくさんな種類があります。

一般的な矯正治療というのは、歯の表面にワイヤーとブラケットを装着して、歯を動かしていきますよね。

他に、川越の矯正歯科に来院される患者さんがよく口にされる心もとないは、矯正装置の審美性についてです。

他に、矯正装置が裏側にある事で、舌に当たったり、異物感が増すため、慣れるまでに時が必要になる事になります。

舌側矯正とは、歯の表側ではなく、裏側に矯正装置をつけるので、スタイルは何らありきたりの様子と変わらないのです。

それを踏まえて、いつもの矯正装置にするのか、裏側にはめる舌側矯正にするのかを決めてみてはどうでしょうか。

おっしゃる通り、歯の表側に矯正装置を装着すると、口元の風情は適度に悪くなります。

川越の矯正歯科を到来たときには、そのような点についてまた細かいところまで聞いてみましょう。

そんな訳で採り上げるのは、矯正装置を据え付けするスポットについて、ちょっと突っ込んで紹介していきたいと考えます。

ですから、矯正治療をお願いして川越の矯正歯科を来院されたケースは、表側と裏側の双方の解説を聞いてみましょう。

この舌側矯正は、川越の矯正歯科でも行っているクリニックが全くでしょう。

ただ、裏側に装着する矯正装置というのは、表側のものよりも悪い面が大きいのです。

加えて、表側のものと比較して治療期間が長期に渡ってなり、さらに且つ治療費も高くなる性質にあります。

そして、治療期間も以前からずっとなるという心象が強いため、やっぱりいつまで必要になるのかといった質問もあるのではないでしょうか。

具体的には、歯の動かし方が限定しれてしまい、適用できない症例があります。

真っ先に、川越の矯正歯科で治療を受けた時、丸ごとでどれだけのコストが必要になるのか不安な事でしょう。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.