川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

舌側矯正の治療期間はどのくらい?

歯列の外側ではなく内側にワイヤーを通して歯並びを改善する舌側矯正は、一般的な表側矯正であるワイヤー矯正と比べて、目立ちにくく見た目が気にならないので川越の矯正歯科にいらっしゃる患者さんも治療を希望さえる方が多いです。

確かに、成人してから金属製のワイヤーと金属製ブラケットを使用する治療法だと、口元の審美性が低下するため川越の矯正治療に一歩踏み出せない人も多いかもしれませんが、舌側矯正であれば一見すると川越の矯正歯科で歯列矯正を受けているようには見えません。

とはいえ、最近ではマルチブラケットでも透明なものや歯の色と同じような白さを呈した装置もありますし、ワイヤーに関しても歯列に調和するように色が施されたものも川越の矯正歯科で取り扱っているため、必ずしも一般的なワイヤー矯正が審美的に劣っているというわけでもありません。

ただ、舌側矯正は歯列の裏側に矯正装置を設置するという時点で審美的に優れていることに間違いはないので、川越の矯正歯科でも舌側矯正が有効なケースには、患者さんに推奨することも多いことかと思います。

舌側矯正とは、歯の裏側に矯正装置を装着する治療法で、表面から見たら矯正治療している事が理解いただけにくいため、川越の矯正歯科でもこの舌側矯正を要望される患者さんが豊富にいらっしゃいます。

ただ、一般的なワイヤー矯正と比べると、ちょっとばかり治療期間が以前からずっとなりますので、良い面ばかりではないのです。

そういう事例は、川越の矯正歯科でも別の治療法を教授してくれるかと考えますのでご心配無用ください。

川越の矯正歯科では、一般的なワイヤー矯正の他にも舌側矯正という治療法も採用しているところが多々あるです。

▽舌側矯正でも抜歯が不可欠になる事も

川越の矯正歯科で行われているワイヤー矯正では、治療を進めるにあたり、何本かの歯を抜く事が多々あるです。

ですので、川越の矯正歯科でもそうですが、舌側矯正などの治療を開始する前に、お口の中を徹底的に診査します。

配慮しなければならないのは、川越の矯正歯科でも受ける事が可能な舌側矯正は、ワイヤー矯正と比べると適用可能な症例が狭くなるという点です。

つまり、如何なる患者さんにも適用されるものではないので、その点には配慮しましょう。

そんな訳でもしも虫歯や歯周病などの異常が見つかった事例は、先にそちらの治療を完了させる事になります。

▽虫歯や歯周病があると治療をスタートできない

これは川越の矯正歯科で行われている舌側矯正に限りませんが、歯列矯正は全般的に虫歯や歯周病といった異常が口腔内にあると、治療を開始される事ができません。

ですので、その点は実のところに矯正治療を受ける川越の歯科で検査を受けてみましょう。

無論、開始出来からスペースが影響していたり、スペースを確保せずとも矯正治療ができるな時は、抜歯をする必須はないのです。

つまり、虫歯や歯周病が見つかったからといって、川越の歯科で矯正治療が受けられなくなるというわけではないのです。

舌側矯正においても同じくに、数本の小臼歯などを抜歯して、歯を動かすスペースを確保する事になります。

これは歯を動かすスペースを確保するためなので、仕方のない処置であるといえます。

口腔内診査を開始出来、諸々な手法でお口の中のステータスを評価してくれる事でしょう。

理由を言えば、歯列矯正によって歯を動かしている最中に歯が欠損したり、抜け落ちたり、あるいは顎の骨が溶けてしまうような事があると、矯正治療が正常に進まなくなるからです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.