川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

舌側矯正にも保定期間が必要?

歯並びをの改善を歯列の裏側から行う舌側矯正は、治療の特徴から「裏側矯正」と呼ばれることもありますが、川越の矯正歯科でもこの裏側矯正は行うことありますし、全国的にも非常にポピュラーな矯正治療法となっています。

最もポピュラーな矯正法といえばマルチブラケット法でありいわゆるワイヤー矯正ですが、数年の矯正期間を経たあと、歯の後戻りを防止するために保定期間が設けられるのが普通で、川越の矯正歯科でも矯正医から患者へとその必要性をていねいに

そこで気になるのが舌側矯正でも保定期間が必要になるのかという点かと思いますが、川越の矯正歯科で受けるワイヤー矯正と同じように舌側矯正にも当然、保定装置を用いた保定が必要になりますので、川越にお住いの患者さんにはその必要性をきちんと説明するようにしています。

また、舌側矯正の治療にかかる費用も川越にお住いの方は気になる点かと思いますので、ここでは川越の矯正歯科に限らず一般的な相場として、舌側矯正にどのくらいの費用がかかるのかについても詳しく解説します。

1回あたりおよそ数千円程度なので、それほど高い総額ではないのです。

続いてワイヤーのすり合わせ料です。

一方、舌側矯正となると、ワイヤー矯正よりもちょっと経費が高くなる性質があります。

具体的には、はじめの折衝料やワイヤーのすり合わせ料、それから診査や所見に必要になる出費です。

▽舌側矯正に必要になる出費の総額は? 

先ほど、川越の矯正歯科でも舌側矯正の元料が100万円になる事もあると書きましたが、本当はこれ以外にも治療全部を通してしかも経費が必要になる事になります。

川越にはいろいろの矯正歯科が開業していますが、この料金時価で治療を行っている事でしょう。

川越の矯正歯科でも、ベース料が100万円を超えるようなクリニックもある事でしょう。

矯正治療というのは、非常に高いコストが必要になる心象がありますが、実のところに川越の矯正歯科で治療を受けても、数十万から百万円程度の治療費が必要になる場合が常識的です。

歯は時をかけてのんびりと動いていますから、決まった的に歯科クリニックに通院して、ワイヤーをすり合わせしていかなければならないのです。

この点はクリニックよって大きく方針がことなるところですので、川越で開業している各々の矯正歯科に照会てみましょう。

中には舌側矯正のベース料が150万円にも及ぶ事例もあり、結局スタンダードなワイヤー矯正よりも高い経費が必要になる場合が多くなるのです。

舌側矯正に限定しず、川越の歯科でも行われている矯正治療というのは、矯正装置を装着してそれで終わりというわけではないのです。

▽舌側矯正の料金とは

川越の矯正歯科でも行われている舌側矯正は、一体どれほどの治療費が必要になるものなのでしょうか。

治療期間は数年にも及びますので、1回当たりのすり合わせ料が安価にても、総額にすればかなりの額になる事もありますので用心が不可欠になります。

俗に行われている複数ブラケットを用いた矯正治療では、基本的にそのくらいの出費が必要になるものとお心積もりください。

その時に必要になるのがワイヤーのすり合わせ料です。

この総額に関しても、川越の矯正歯科によって設定が異なってきますので、治療を受ける事になったクリニックに質問てみましょう。

総額を設定しているところでは、5000円程度でしょうか。

最初にはじめに必要になる治療の折衝料に関しては、川越の矯正歯科でもフリーにしているところが多々あるかと考えます。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.