川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

舌が歯並びに与える悪影響について

歯列不正というのは、正常な歯並びから逸脱した生え方をしている歯列を意味し、川越の矯正歯科ではそういった歯列不正を主訴にご来院された患者さんの治療をメインに行っているのですが、どのような矯正治療を提供するかは、歯列不正を生み出している原因によって変えていかなければなりません。

例えば、同じように出っ歯の症状を訴えている患者さんが川越の矯正歯科にご来院いただいた場合でも、その原因が歯そのものにあるのか、あるいは骨格にあるのか、はたまた舌の異常な運動に由来しているのかによって、川越の矯正歯科の矯正医がとる治療法が大きく異なってきます。

とくに舌による悪影響で歯並びが乱れている場合は、マルチブラケットによるワイヤー矯正などから始めるのではなく、舌の異常な運動や活動を抑えることから始めるのが、川越の矯正歯科での常識となっていますし、その点はどの地域の矯正医にも共通していえることです。

なぜなら、根本的な原因となっている舌突出癖などを取り除かずに、前方へ傾斜した前歯を正常な状態へと戻したとしても、そのうちまた舌によって前歯が前方へと押し出されてしまうため、意味のない治療となることが川越の矯正歯科の歯医者にはわかっているからです。

川越の矯正歯科に来院されてくる患者さんの中にも、歯や骨そのものがきっかけで出っ歯などになっている場合が少なくないのです。

けれども中には、歯や骨に元来はは異常がなかったにも関わらず、舌の使い方や位置などに異常があったために、歯列不正を起こしてしまった事例もあるのです。

その中でも、患者さんが意外に思われるのが舌が歯列に与える影響です。

▽歯列不正のきっかけについて

歯並びが悪くなるきっかけには、諸々なものがあります。

それから、唇を咬んだり、指しゃぶりをする事でも、前歯が前方に飛び出るきっかけとなります。

口腔習癖の種類や矯正すべき時分については、川越の矯正歯科などに照会てみましょう。

そこそこの年齢までは放置しておいても問題はないでしょう。

そんな訳で採り上げるのは、舌が与える歯列への影響について、細かいところまで紹介していきたいと考えます。

指をしゃぶったりする事で、お子様たちはストレスを逃がしている面もあるからです。

これは幼児によくある習癖で、川越の矯正歯科にもそうしたお子様がいらっしゃる事があります。

けれども、永久歯も生えスタート出来ている頃までそうした習癖が治らないケースは、口で解説するなり、矯正装置を装着するなりして治していかなければなります。

これが一度や二度の事なら特に問題はないのですが、普段的に行っていると、いつも前歯に力が加わる事になります。

すると、川越の矯正歯科にも来院されてくる患者さんのように、前歯が前方へ突出してしまうのです。

▽口腔習癖が歯列不正を生む

最も理解いただけやすい例が、舌突出癖と呼ばれる口腔習癖です。

デフォルト放置すると、諸々な歯列不正を起こす事になるからです。

川越の矯正歯科でも、患者さんに歯列不正のきっかけを解説するときには、諸々な例を取りあげて、歯がどういった仕組みで歯列不正を起こしていくのかを紹介している事でしょう。

何となく、出っ歯や受け口、あるいは八重歯などは、歯や骨そのものにきっかけがあるように思えますよね。

実のところ、舌を前に出してみるとわかりますが、最初に第一に舌を出していると前歯に強い力が必要になる事になります。

川越の矯正歯科でも解説しているとは考えますが、こういった癖が全部悪いというわけではないのです。

これはいわゆる出っ歯と呼ばれる症状ですね。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.