川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療中の食事で気を付ける点は?

川越の矯正歯科では、矯正治療を開始する前や矯正治療が開始された後も、治療に伴う注意点を患者さんにお伝えしますが、とくに川越の患者さんが気になるのは食事に関する注意点のようで、何を食べて良くて、何を食べてはいけないのかは詳しくお伝えします。

矯正治療中に気を付けるべき食事の注意点というのは、まず川越の矯正歯科でも行っているワイヤー矯正を例に挙げて考えると、やはり、矯正装置にへばりついてしまうような粘着性の高い食べものは控えるように患者さんにはおすすめしています。

具体的には、ガムのような食べ物は、噛んでいる時に矯正装置へと粘着し、場合によっては装置自体を変形させたり、脱離させたりすることがあるため、川越の矯正歯科では矯正医の方から粘着性の高い食べものを控えるように指導があるかと思います。

また、矯正装置に大きな負担のかかる食べ物も控える必要があり、川越の矯正歯科でも極端に硬い食べ物や矯正装置にダメージを与えかねない食品に関しては、事前に控えるように患者さんへと指導しています。

ですから、川越の矯正歯科では、患者さんが矯正装置に慣れるまでは、そうした軟らかい食べ物をイチ押ししている事でしょう。

ですので、川越の矯正歯科では、リンゴを丸かじりしたり、ピーナッツなどの硬い豆類を控えるように解説される事でしょう。

▽食べても問題ないものとは?

反対に、矯正治療中に食べても問題ないものとは、一体如何にいったものなのでしょうか。

矯正治療では、歯を動かすとともに、数多くの骨を製作する必須があります。

それだけ食事というのは、私たちにとって肝心な事と言えます。

それは、手間なくに言えば、大きなものや硬いもの、それからネバネバしているものが該当します。

川越の矯正歯科では、矯正治療を開始するにあたって、支障がなければ避けるべき食べ物というものを提示するかと考えます。

こういった食べ物は、矯正装置そのものに付着する事あるのです。

そんな訳で、矯正治療を行うにあたり、用心しておきべきキーポイントについて、いくつがご解説しておきます。

▽食べてはいけないものはあるの?

真っ先に開始出来に引っかかるのが、矯正治療中に食べてはいけないものがあるか如何にかですね。

それ以外にも配慮すべき食べ物というのはありますので、克明には川越の矯正歯科に折衝してみましょう。

とはいっても、矯正装置を装着したばかりのタイミングは、ちょっと話が異なります。

こういったものであれば、びしっと栄養が摂れますし、歯や矯正装置に負担をかける事もおおかたないのです。

普通に、先ほど述べたようなもの以外であれば、食べても問題がないと言えます。

川越の矯正歯科でも、矯正治療中の食事に関しては、数多くの質問が寄せられているかと考えます。

ですので、カルシウムなどを豊富に含む食料品を進んで摂るようにしましょう。

具体的には、雑炊やドリアといった食べ物です。

川越の矯正歯科でもそうですが、矯正装置をはめて数日経つまでは、できるだけ噛まなくても良いものを勧めています。

▽なんとなく気に掛かるのは食事!

矯正治療を開始する前に、整然と知っておきたいのが食事についてです。

あるいは、矯正装置が壊れたり、外れたりするきっかけにもなり得ます。

それから、キャラメルやガムなども、矯正治療の障害になりますので、できるだけ口にしないようにしてください。

当然、矯正装置に慣れ、何の悩ましいもなくなったら、現在まで通り、肉や魚などを食べていきましょう。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.