川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療中の注意点について

矯正治療中は、お口の中に矯正装置が装着されているため、日常生活でも不自由などを感じる場面があるかと思いますが、矯正装置の種類によってはほとんど違和感や異物感が生じない場合もあり、川越の矯正歯科ではそういった矯正装置それぞれの特徴について事前にお伝えするようにしています。

例えば、マウスピースを用いた矯正治療であれば、透明で滑らかな性状のマウスピースを使用するため、装着中の違和感や異物感が少ないのが特徴であり、川越の矯正歯科ではマウスピースが着脱可能であるため、歯磨きの時や食事の時は取り外すことが可能という点も患者さんにご説明しております。

同時に、いつでも患者さんの意志で取り外せるということは、マウスピースの装着時間をきちんと管理するのが難しいという注意点もあるため、川越の矯正歯科では必ずしもすべてにおいてマウスピースが優れているというわけではないことをお伝えしています。

一方、マルチブラケットによるワイヤー矯正では、常に歯列の中にワイヤーとマルチブラケットが装着されているため、マウスピース矯正と比較すると異物感などが強いですが、取り外すことができないため矯正力をきちんと与え続けることができ、川越の矯正歯科でも矯正治療をスムーズに進めやすいという点は解説しています。

矯正装置に異常が生じている見込みも否定できません。

では、成人矯正を受ける上で、配慮すべき事とは如何にいった事なのでしょうか。

▽矯正治療中の留意点について

これからは、成人矯正に限った事ではないのですが、何個か治療中の注意すべきポイントについて挙げていきます。

ただ、厳密にいえば、帰するところ我が子のころに歯列矯正を受けた方が、その成果は大きいといえます。

顎の骨に埋まっている歯を無理矢理動かそうとする治療なので、痛さが生じてもおかしくはないのです。

真っ先に、矯正治療では痛さを伴う事があります。

普段暮らしに支障をきたすような苦しみが生じたケースは、もうに痛さ止めを服用しましょう。

ですから、川越の矯正歯科では、治療期間中にデンタルフロスや歯冠ブラシなどを駆使して、いつも以上に慎重に歯磨きをする事をお薦めしている事でしょう。

今頃では、成人になってから歯列矯正を受ける人が増加してきました。

ですので、成人矯正も小児矯正も影響が変わらないわけではないのです。

我慢できないほどのものであれば、かかりつけ医に診てもらいましょう。

ですので、川越の矯正歯科でも、痛さが生じた時に準備て、苦痛止めを出してくれる事もあります。

これは矯正装置によって、歯磨きがしにくくなるためです。

治療の結果、歯列不正がどの程度まで改善されるかも、心理コンサルティングの段階で提示してくれるものと思われます。

おっしゃる通り、歯列矯正を受けるのは、アダルトになってからでも遅くはないのです。

成人矯正を比較考量されている方は、その点について知っておきましょう。

それ以外、矯正治療中は虫歯や歯周病に罹りやすい状況となっています。

そうなると、歯列矯正は我が子の頃に理不尽して受けずとも、成人になってからでも遅くはないのかと思われる事でしょう。

川越の矯正歯科でも、成人矯正を受けている患者さんが数多くいらっしゃいます。

理由を言えば、お子様の歯や顎は発育途中にあるため、矯正装置などを用いる事で、その形を大きく変える事が可能なからです。

一方、成人になると歯や顎は発育が完了していしまっているため、矯正治療を施しても、その成果が水準を満たすまで限定される事となります。

川越の矯正歯科でも、そのように解説しているクリニックが多々ある事でしょう。

おそらく、川越の矯正歯科でも、成人矯正が小児矯正よりも歯を動かしにくいという点に関して、キッチリと解説がある事でしょう。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.