川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療中に食べて良いもの・悪いもの

川越の矯正歯科で受けるマウスピース矯正は別として、ワイヤー矯正ともなれば治療期間中に食べることができるもの、あるいは食べることができないものがあるかと思います。

そのため、これから川越の矯正歯科でマウスピース矯正なりワイヤー矯正を受けようか検討中の方は、そうした食事制限に関して不安に感じたり、疑問に感じたりしていることでしょう。

そこで今回は、川越の矯正歯科でマウスピース矯正などの専門的な歯列矯正を受ける上で、そのような食事の制限がかかるのかについてわかりやすく解説します。

まず、マウスピース矯正に関しては、川越の矯正歯科でもお伝えしている通り、治療を始める前と後で何ら食事のとり方に変化はないといっても過言ではありません。

けれども、こうした粘着性の強い食べ物は、矯正治療の大敵という事が可能なのです。

それだけでなく、矯正装置自体を破壊する事さえあるため、川越の矯正歯科では、矯正治療中にこれらのものを口にする事を避けるよう、勧めているのです。

定期的のオーラルケアでカバー可能な範囲であれば、甘いものも食べて良いと言えるでしょう。

ですので、川越の歯科では、矯正治療中はできるだけ甘いものを控えるよう、助言してくれるはずです。

これが、歯列の全周に渡って装着されているのです。

川越の矯正歯科で行われている歯列矯正と言えば、ワイヤー矯正が最も一般的です。

また、矯正装置にへばりついてしまったガムやキャラメルはそう手間なくに取る事はできないため、虫歯のきっかけとなってしまいます。

これは、複雑な形をした矯正装置のせいで、歯磨きがしにくくなっているためです。

▽粘着性の強い食べものは危うい!?

おそらく、矯正治療を受けていない人であれば、いつもからガムを噛んだり、キャラメルを食べたりしている事でしょう。

特にガムに関しては、虫歯防止の成果もあるため、歯科医が噛む事を勧めている事すらあります。

そのような意味合いから、硬すぎる食べ物は控えるよう、川越の矯正歯科でも助言される事と考えます。

あるいは、ワイヤーが変形したりすると、適切な矯正力が働かなくなり、矯正治療自体が間違いする事もあり得るのです。

当然、全く口にしてはいけないという事ではないのです。

その配慮事項の中には、控えるべき食べ物も内蔵されている事でしょう。

矯正治療中に控えるべき食べ物について川越の矯正歯科で、歯列矯正を受けるとなると、前もってにたくさんな用心事項を聞かされるかと考えます。

▽甘いものは控えよう!

矯正治療中は、いつも以上に虫歯になりやすくなっています。

ですので、矯正装置が付いた様子で、ガムやキャラメルを食べてしまうと、金属やプラスチックにへばりつく事は容易に想像できますよね。

そうは言っても、軟らかいものばかり食べるのも問題ですから、程よくな硬さのものを食べるようにしましょう。

このワイヤー矯正というのは、プラスチック製のブラケットと金属製のワイヤーで構成されています。

▽硬いものも気をつける必須がある!

他に、おせんべいのような硬いものも、矯正治療中は控えた方が好ましいと言えます。

矯正装置をはめたまま、強引におせんべいなどの硬いものを噛んでしまうと、矯正装置の割れにつながります。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.