川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療を始める最適な時期とは

川越の矯正歯科で行っている矯正治療というのは、すべての方に向けて行われるものであり、基本的にどのような歯列不正や不正咬合であっても、当院の治療で改善する方法を模索するものですが、治療を始める時期については慎重にならざるを得ません。

例えば、まだ歯が生えそろっていないお子さまの場合、歯列矯正を行うにはまだ早すぎますし、川越の矯正歯科では適切な時期が来るまで待つか、歯並びを悪くしている原因の骨格から治療を施していく方法などを提案しております。

一方、もうすでに成長期を終え、成人されている患者さまに関しては、歯列矯正を川越の矯正歯科でいつ始めても遅いということはありませんし、治療を希望された時点で精密な診査を行い、適切な治療計画を立案します。

ですから、治療を始める時期で慎重になるのはやはり第一期治療である小児矯正であり、川越の矯正歯科でもお子さまに対する矯正治療ではいろいろな点に配慮しながら治療計画を立案するようにしております。

他に、歯並びがバラバラだったり、いつもお口が開いてしまっている状況も、治療によって改善できます。

ただ、成人になってからもう一度矯正を行うケースは、治療期間も短く、良い治療結果が得られる事が多々あるです。

けれども、これは断っておきますが判断基準でしかないのです。

ですので、我が子の矯正はこの期間マッチして行っていくと、痛さも少なく、かつ影響的に歯を動かす事が可能なのです。

矯正に伴う痛さなども少ないと心積もりて良いでしょう。

娘の矯正については、適齢期というものが影響するのです。

なお、新しい事をもうに覚える事ができ、脳も体も相当柔軟にできています。

こうした事例は正に矯正治療によって改善する事ができますので、適切な頃合に、適切な治療を受ける事が望ましいです。

それには、びしっとした訳があります。

小学生を見てみるとわかると考えますが、息子のレベルアップほど個人差があるものはないですよね?6年生の段階で、事前に170センチある子もいれば、まだ140センチに満たない子だっています。

<こんな事例は息子の矯正治療を受けましょう!>

お子様の体はランクアップ段階で、多彩な異常が見られる事があります。

ですので、矯正を進めていく上でも、生えかわりを想定していく不可欠があるのです。

歯の矯正治療は、息子でも成人の方でも誰でも受ける事ができます。

ですから、歯列矯正のように、通常の形とは違う形へと変えようとする力にも、柔軟に応対してくれるのです。

その分、アダルトが歯列矯正を受けた時よりも早く、歯を動かす事ができます。

例を挙げると、顎のバランスが右と左でずれている事例や、極端な出っ歯、もしくは受け口といったステータスです。

なお、考えもよらぬ所から成人の歯が生えてきてしまう事もありますので、アダルトになってから修整が必須になる事もあります。

<顎のランクアップにマッチして矯正しよう!>我が子の顎の骨は、大まかに6?14歳くらいに発展します。

<我が子の矯正は少しだけ複雑?>

6歳くらいの娘は、乳歯からアダルトの歯へと生えかわるポイントを迎えています。

そうすると「若ければフレッシュなほどいいの?」という質問も出てきますよね。

<娘の体は柔軟?>娘は、怪我をしても直ちにに治りますよね。

それにより、様子を見ながら行うため、わずかばかり治療期間がずーっとなる事もあります。

解答はNOです。

ただ、実のところは娘の頃に受ける人が多々あるです。

つまり、最も大事なのは、ひとりひとりのレベルアップにマッチして、矯正治療を進めていく事だと言えます。

また綿密に言うと、上の顎は7歳くらいから、下の顎は11歳くらいから伸びるが始まります。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.