川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療を受ける前に知っておくべきこと

これから川越の矯正歯科でマウスピース矯正なりワイヤー矯正を受けようか検討している方には、是非とも事前に知っておいていただきたい矯正治療に関する注意事項があります。

というのも、川越の矯正歯科に限らず、一般的な矯正歯科医院で受けるマウスピース矯正やワイヤー矯正などは、通常の歯科治療とは大きく異なる点が多々あり、治療開始後に戸惑ってしまう患者さまも少なくないからです。

例えば、川越の矯正歯科ではマウスピース矯正やマルチブラケットを用いたワイヤー矯正では、事前に精密な診査や検査を実施いたしますので、その内容についてもあらかじめ把握しておくことが大切です。

とくに矯正治療ともなると、川越の矯正歯科でも実施しているセファロ分析など特殊なレントゲン撮影も実施いたしますので、マウスピース矯正を希望される方もそうした検査を受けるという心構えを持っておいてください。

これを繰り返しながら、歯は骨の中をちょっとずつ移し変えしていくのです。

このように、矯正治療を着手する前には、すべき事や知っておくべき事がいろいろあるのです。

では具体的に、歯周病について腹積もりてみましょう。

その結果、設計通りに歯が移し変えしない事は当然の事、治療中に歯が抜けてしまうという事も十分にあり得ます。

他にも、歯を動かすという矯正治療も、実を言えば、絶えず骨を溶かしているのです。

無論、お口の中のステータスがとても良くて、開始する前から仕込みが万端の人は、その日から治療始動可能な事もあります。

歯並びを美しいにしようと処置したのに、歯が抜け落ちてしまったら大変ですよね。

矯正治療を着手するには、適度の支度が必須になります。

これを一例を挙げれば、前方へと動かすとなると、歯の前に影響している骨が厄介になりますよね?ですから、矯正装置によって、歯が前へと引っ張られると、その前方にある骨は、破骨細胞という骨を溶かす細胞によって溶かされていくのです。

そうなると、矯正が進むにつれて、どんどん骨が溶けっていってしまいそうですが、ご心配無用ください。

歯は顎の骨に埋まっており、普通には身動きが取れない様子です。

では、矯正治療にとって、お口のステータスが良いというのは、一体どのような事を意味合いしているのでしょうか。

<歯は骨を溶かしながら置き換えしていく>歯が何故移し変えしていくのかを想像してみてください。

「歯を動かす事と関連ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、なかなか密接な関連があります。

<歯を溶かす歯周病は矯正の大敵!>>虫歯や歯周病といった病を抱えている人は、矯正治療を行う事ができません。

骨の量が減ったり骨の密度が下がると、顎の骨は矯正装置による圧力に耐えられなくなります。

ですから、歯列矯正によって、それらが大きく変わってしまうと、トラブルが生じてくるのです。

というのも、詰め物や差し歯というのは、現在現時点での歯並びや噛み合わせを想定して作られています。

治療後には、その時の歯並びに合った差し歯などが必須になります。

ひどくなると、骨が溶けだして、歯が抜け落ちるという事も起こり得ます。

ですから「歯並びを良くやりたい!」と思い立っても、その日からもう開始出来られるというものでもないのです。

<骨が弱くなると矯正力に耐えられない!?>これだけ聞くと、歯周病は歯を動かしやすくしてくれそうですが、そう手間なくな話ではないのです。

歯周病というのは、歯茎や顎の骨に炎症が起こっている様子です。

<詰め物や差し歯は作り変更します!>それから、治療をとりかかる前の段階で、お口の中に詰め物や差し歯がある事例は、それらを最終的には作り変える見込みが高いと言えます。

前に進んだ歯の後ろ側には、骨芽細胞と呼ばれる骨を完成させる細胞が集まってきて、新しい骨を作ってくれるのです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.