川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療の期間が延長するケースについて

矯正治療は、一般歯科の治療と比較すると、間違いなく治療期間が長い治療の種類に分類されますし、川越の矯正歯科では数回の通院で終わるような矯正治療はまずありませんし、川越にお住いの患者さんもそれを承知の上で川越の矯正歯科を受診される方がほとんどといえます。

具体的には、川越の矯正歯科でマルチブラケットによる矯正やマウスピース矯正を受けるとなると、全部で2~3年の治療期間がかかることは決して珍しいことではないため、その時点で不安になってしまう患者さんもいらっしゃいますが、それだけ川越の矯正歯科に通う回数が多くなるかというとそういうわけでもありません。

矯正治療というのは、矯正装置をお口の中に装着してスタートさせたら、1ヶ月に1回だけ通院すれば良いケースは珍しくなく、川越の矯正治療が順調に進んでいるのであれば、歯科医院に通う頻度をもっと少なくすることも難しくありません。

けれども、矯正治療の進行状況によっては、矯正治療にかかる期間が延長されることもあるため、その点については川越の矯正歯科も患者さんに対してきちんとした説明を行いますし、矯正治療が延長する原因についても事前にきちんと把握してもらうようにしています。

数年にも及び治療ですので、そこそこの目途がついていないと患者さんも困ってしまうからです。

ちゃんととして歯槽骨に埋まっている歯だからこそ、硬いものを食べてもビクともしないのです。

▽矯正治療は期間が異なる事もある

川越の矯正歯科では、治療方針を立てた時点で、どれだけの矯正期間が必須になるかを教えてくれます。

実のところ、川越の矯正歯科でも、矯正治療の期間が修正された患者さんは豊富にいらっしゃいます。

虫歯などの治療が完了したら、再び矯正装置を装着する事になります。

けれども、はじめに提示された治療期間は断っておきますが指標と考慮した方が良いです。

それから、着脱ができるな矯正装置を患者さん本人が外してしまうという時もあります。

▽矯正治療が長期間に及ぶ理由

矯正治療は、川越の歯科でもそうですが大いに長い期間が不可欠になります。

このように、川越の矯正歯科でもそうですが、矯正治療は多彩な所以で延長される見込みがあるのです。

理由を言えば、矯正治療は期間が長いだけに、途中で諸々なトラブルに見舞われる事があるからです。

反対に、治療期間が延長されるという場合も川越の矯正歯科の患者さんにはいらっしゃいます。

普通に数年は必要になる歯科治療だとお腹積もり下さい。

この点に関しては、川越の矯正歯科でも、一番目に患者さんが来院されたときに解説がある事でしょう。

▽治療期間が延びる要因

川越の矯正歯科でもあった事例だと思われますが、矯正中に虫歯や歯周病に必要になると、即時的に治療をやめなければならなくなります。

他に、最初の治療計画自体が間違っていたり、矯正医の技術が不足している時でも、矯正治療が延長される事があるのです。

反対にいえば、歯を動かすのに数週間しかかからなかったら、その歯は使いものにならない事でしょう。

帰するところ、骨に埋まっている歯を動かすといのは、相当時の必要になる事なのです。

患者さんの中には、予定よりも早く歯が動いてくれて、治療期間が短縮されたという方もいらっしゃるのです。

では、この治療期間というのは治療の進行度合いによって、変化する事はないのでしょうか。

この治療期間の延長は、何個かのきっかけが心積もりられます。

言うまでもなく、総ての時で治療期間が延びてしまうわけではないのです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.