川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療に長い期間が必要な理由とは

皆さんは川越の矯正歯科でマウスピース矯正やワイヤー矯正を受けるとしてどのくらいの期間をかければ理想の歯並びに近づけることができると思いますか?

マウスピース矯正のような歯列矯正は、そもそも数年にも及ぶ治療期間が必要となるなど、なかなか敷居の高い歯科治療となるため、川越の矯正歯科に通うことをためらっている人も少なくないことでしょう。

確かに、マウスピース矯正にしろワイヤー矯正にしろ数年単位の矯正期間が必要となるのが一般的ですが、川越の矯正歯科のマウスピース矯正ならもっと短い期間で歯並びを整えることが可能場合もあります。

というのも、歯並びの症状というのは千差万別であり、必要になる矯正法もそれぞれで異なるのですが、それでもやはり一般の歯科治療と比べると長い期間がかかるのは事実です

歯並びが極端に悪い時は、3年以上必要になる確率も十分にあり得ます。

装置を外して、見違えるほど艶やかになった歯並びを見れば、誰しも感動するものです。

このように、歯列矯正というのは、保定期間も含めると最低でも2年は必要になる大がかりな治療法なのです。

それは動かされた歯も同じです。。

普通の虫歯治療は、毎週予約をとって、通院するのが一般的ですよね。

そんな訳で絶対行われるのが「保定」という処置です。

それは、通院する頻度です。

けれども、矯正治療の事例はその必須がないのです。

歯医者さんでの治療というのは、おおよそ2、3回の通院で終わりますよね。

だいたい1?2カ月に1回のペースで通院する程度ですから、それほど負担にはならないかと考えます。

そうする事で、物理的に顎の大きさを小さくするのです。

ですので、治療後に何もせず放置しておけば、びっくりするほど元の状況に戻って行きますよ。

それだけ大変な症例ですから、如何にしたって時もかかってしまうんですね。

一例を挙げれば、下の顎が前方へ飛び出してしまっている時は、下の顎をところ的に切り落としたりします。

「そのような長い期間通えません!」と思われる方がほとんとかと考えますが、ひとつ心配無用可能な原材料があります。

大きな虫歯を治療する事例は、さらに時が必要になる事もありますが、せいぜい1?2カ月といった所でしょうか。

人間の体というのは、いつも元の状況に戻ろうとする特質があります。

そんな訳で必須になってくるのが、外科的な手術です。

けれども、ここで気を抜いてはいけません。

これを骨格性の歯列不正と呼び、普通の矯正装置だけでは扱ってできなかったりするのです。

どんだけ飛び出していた下顎が引っ込んでも、歯並びが合っていなければ何の趣旨もないのです。

そうする事で、美しいになった歯並びが自然な状況であったと、自身の体に思い込ませるのです。

配慮しなければならないのは、顎の骨を切り落としたら治療が完了するわけではないという点です。

けれども、矯正の治療期間というのは、その何十倍も必要になるのです。

ですから、外科的な手術を行う矯正であっても、ワイヤー矯正などの装置を使った、普通の矯正治療も行います。

<1年や2年は自然!?>歯列矯正を受ける事例、治療が完了するまでに1年?2年は必要になる事はザラであると言えます。

矯正では、無理やり力を加えて、素敵な歯列を作り出そうするものですから、患者さんの体にとっては不自然な状況なのです。

これは、歯の後戻りを防止するための処置で、治療後1?2年間くらい行います。

<治療後もなお1?2年通院します!>矯正装置による治療が終われば、目指す形に近い歯並びを入手する事ができます。

<3年以上必要になる時とは>歯列矯正でも、3年以上必要になる時があります。

これは、歯並びの悪さが歯の生え方ではなく、顎の形や大きさに由来している時が多々あるです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.