川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療に伴う抜歯は痛い?

歯科治療は痛い、という固定観念を持っている患者さんは川越の矯正歯科にもいらっしゃいますし、それはある意味で仕方のないことですので、川越の矯正歯科医はそういった固定観念をできるだけ解きほぐせるようなカウンセリングなどを行っています。

もちろん、川越の矯正歯科における矯正治療にも痛みを感じるようなケースはありますが、基本的には虫歯治療の際の歯を削るような痛みが生じることはなく、川越の患者さんが心配するような点はないものといえます。

それでもやはり、川越の矯正歯科の矯正治療にも、治療期間中には痛いと感じるようなことがあり、それがどんなケースなのかを患者さんは知りたいと思うことでしょうから、川越の矯正医は治療説明の段階で矯正治療に伴う痛みのリスクをきちんと説明します。

矯正治療というのは、顎の骨に埋まっている歯を矯正装置を使って移動させる治療法であるため、川越の矯正歯科のいろいろな症例でも何らかの痛みが生じることは避けられないといえます。

ですから、手術中に苦痛を感じる事は真っ先にないのです。

▽矯正治療の抜歯における苦痛

川越の矯正歯科で、矯正治療における抜歯を行ったケース、どの程度の痛さが生じるものなのでしょうか。

川越の歯科でも、矯正治療の抜歯ではない、親知らずの抜歯を行っているクリニックは数多に影響する事でしょう。

抜歯といえば、最初に頭に考え浮かぶのが親知らずの抜歯ではないでしょうか。

口腔外科では、どんなに簡単ではない抜歯の症例でも、普通には処置を施してくれます。

それが世間でいうところの、親知らずの抜歯の痛さなのでしょう。

つまり、1時以上にも渡って、歯を抜くという処置を施し続けるのです。

そういうケースは、大学病院などの口腔外科を受診する事となります。

しかも、矯正で抜歯する歯というのは、親知らずほど複雑な形をしていませんので、痛さを感じる事もかなり少ないといえます。

川越の矯正歯科の患者さんに限定しず、ありきたりの症例であれば、手術後もそれほど強い痛さを感じる事はないのです。

川越の矯正歯科にも極稀い来院されてくるようなハードルが高い症例の患者さんでは、抜歯に1時以上も必要になる事があります。

▽難症例では麻酔が切れたあとに強い苦痛が出る

よく世間で親知らずの抜歯は痛い、という話を聞きますが、それは処置が持て余す場合での抜歯であるのかと考えます。

実を言えば、川越の矯正歯科でも行われている、矯正治療の一環としての抜歯も、これに近いものがあります。

川越の矯正歯科にも、そうした処置が大変な患者さんがいらっしゃった事例は、理不尽して抜歯を行わず、口腔外科のエキスパートに任せる事となります。

▽矯正の抜歯は痛さが少ない

では、難症例ではない常識的の親知らずの抜歯は如何になのでしょうか。

ただ、親知らずの根っこが曲がっていたり、二分の一顎の骨に埋まってしまっているようなものは、川越の一般の歯科では相当処置する事が容易にはいかないケースがあります。

特に問題のない親知らずの抜歯であれば、どういったクリニックでも行ってくれます。

言うまでもなく、川越の矯正歯科でも、どこのクリニックでもそうですが、抜歯を行う場合には局所麻酔を打ちます。

けれども、そういう難症例の抜歯では、手術後の麻酔が切れた時に、強い苦しみを感じるようになるのです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.