川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療には抜歯が必要なの?

川越の矯正歯科には、いろいろな歯並びの患者さんがいらっしゃいますし、希望される矯正法の種類も異なるため、乱れた歯並びを整える上で抜歯が必要になるかどうかはケースバイケースであり、川越の患者さんすべてが便宜抜歯を要するということはありません。

確かに、便宜抜歯というのは、虫歯や歯周病にかかっていない健康な歯を1本丸ごと抜いてしまう処置ですので、これから川越の矯正歯科の治療を受けて、乱れた歯並びを治す目的であったとしても、抵抗感が強い方が多いのも頷けます。

また、矯正治療で必要となる便宜抜歯というのは、1~2本で済む方が稀であり、多くの症例では上下で合計4本の小臼歯を抜かなければならず、川越の矯正歯科の患者さんもその点について不安を感じて、歯列矯正を受けようかどうか迷ってしまうことも珍しくないようです。

ただ、便宜抜歯は確かに健康な歯を抜かなければならない処置ではありますが、それは歯をキレイに並べる川越の矯正歯科の歯列矯正を進めていく上ではメリットの方が大きいものであるため、歯列矯正に伴う便宜抜歯を必ずしも悲観的に捉える必要はないといえます。

▽日本人は抜歯症例が多々ある!

ついでに、日本人の矯正治療において、抜歯をしなければならない事例は、大いに多々あると言えます。

けれども、矯正治療において、抜歯が必須である事には、キッチリとした所以があるのです。

その顎の骨が小さいと、その小さいスペースに歯を詰め込む事となるため、歯並びがガタガタになってしまうのです。

また、歯が並ぶスペースも予め決まってしまっているのです。

ですから、川越の矯正歯科でも、並べる歯の本数を減らす事で、素敵な歯並びを実現させようとしているのです。

顎の骨のスペースを広くする事は容易にはいかないですから、そんな訳で抜歯という処置が施される事となるのです。

その所以というのは、本当はかなり質素なものなのです。

▽抜歯をしなければならない所以とは?

川越の矯正歯科でも、治療の過程で抜歯が不可欠なときには、キッチリとした要因が解説されるかと考えます。

そういう事から、仮に皆さんが川越の矯正歯科で抜歯を伴う矯正治療を受ける事になったとしても、それは仕方のない事だと心積もりましょう。

これは日本人の顎の骨が、生まれた時から小さいからでしょう。

当然、日本人の中にも、全く抜歯をせずに、矯正治療を完了させる事が可能な場合も多々あります。

それは顎の骨ですね。

それは、何故歯並びが悪くなっているのかを一考すると良いかもしれません。

矯正治療というのは、虫歯や歯周病のような病の治療ではないのです。

でもここで質問なのが、何故健康な歯を抜かなければならないのかという事です。

歯並びが良くないというステータスを改善するために行う治療です。

それにより、川越の矯正歯科で御、抜歯症例の患者さんがけっこう多くなってしまっているのです。

川越の矯正歯科でも、矯正治療を進めるにあたって、数本の歯を抜歯する時は滅多にないのです。

▽何故歯を抜くのか?

矯正治療と言えば、「抜歯」という心象を持っている方も少なくないのです。

同じスペースでも、そこに並べる歯の本数が少なくなれば、艶やかに整列される事ができますよね。

それなのに、川越の矯正歯科で行っているような、抜歯という処置を施すのはなぜなのでしょうか。

正直、可能な事なら歯を抜かずに矯正治療を受けたいですよね。

私たちの歯は、生えてくる本数が決まっています。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.