川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療で親知らずは抜歯する?

川越の矯正歯科で行われる矯正治療というのは、治療を開始する前に精密な検査や診断を行うため、患者さんのお口の中や骨格などを隅から隅まで細かく調べ、どういった矯正治療が最適なのかを検討します。

例えば、患者さんのお口の中に親知らずが生えていたら、川越の矯正歯科でどのような矯正治療が行われるのか気になることかと思いますが、親知らずがあるからといって絶対に抜歯をしなければならないというわけでもなく、歯列や骨格のバランスなどを考慮した上で、親知らずの取り扱いを決めるものです。

とはいえ、矯正治療の多くは歯列の中に歯を動かすためのスペースが不足しているものですから、川越の矯正歯科へ矯正治療を希望される患者さんの中で、親知らずが生えている場合は、事前に抜歯をすることが非常に多いのも事実といえます。

例えば、一般的な矯正治療でも、便宜抜歯と呼ばれる抜歯が行われますし、これは健康な第一小臼歯が対象となることが多いのですが、川越の矯正歯科でも便宜抜歯を矯正治療の計画に組み込むことは日常茶飯事であり、親知らずの抜歯もそれほど珍しくありません。

それなら、親知らずの抜歯も同じくの訳で行われるのでしょうか。

なお細かいところまで知りたい方は、川越にある矯正歯科に折衝してみてはどうでしょうか。

▽矯正治療で親知らずの抜歯が必須な要因

川越の矯正歯科でも、矯正治療の前後で親知らずを抜歯する事があります。

つまり、矯正治療によってやはり美しいに並べた歯並びを、親知らずが時をかけて崩していく確率があります。

川越の矯正歯科でも親知らずのレントゲン写真を撮る事があるのですが、歯の部分が隣の歯に接触している事があります。

言うまでもなく、患者さんの口腔内の状況によっては、親知らずを抜歯する事で、歯を並べるスペースを完成させる事もあります。

これは川越の矯正歯科に限定しずとも、全国的に共通している事といえます。

このように、矯正治療における親知らずの抜歯というのは、決してスペースを確保する事が主な目的ではないのです。

けれども、川越の矯正歯科でもそうですが、原則的にはその上別の訳から、矯正治療の前後で親知らずを抜歯するのです。

川越の矯正歯科でも、そのように患者さんに解説されているクリニックが多々ある事でしょう。

▽歯列に悪影響を及ぼす親知らず

そこで真っ先に、一般的な親知らずが抜歯される要因について考慮してみましょう。

これは単に接触しているだけではなく、隣の歯を動かしたり、隣の歯の根っこを溶かしたりする事があるのです。

小臼歯の抜歯は、歯を艶やかに並べるために必須なスペース確保が目的となります。

川越の矯正歯科にいらっしゃる患者さんの親知らずもそうですが、この歯は非常に変わった形をしていたり、変わった生え方をしている事が多々あるのです。

親知らずは苦しみを発したり、周囲の歯にいたずらをかける事で、抜歯処置へと至ります。

親知らずを抜歯する時期は各々の患者さんで異なりますが、歯列への悪影響を排除するという目的は同じです。

川越の矯正歯科でも、歯列への悪影響を取り除く目的を主要に、親知らずの抜歯を行う事が多々あるです。

実を言えば、川越の矯正歯科でもそうですが、普通に親知らずを抜歯するのは、スペースの確保が目的というわけではないのです。

中でも歯並びに悪影響を及ぼすパターンとして、顎の中におかしな形で埋まっている親知らずを挙げる事ができます。

それを川越の矯正歯科などでは、治療前にそこそこ見当をして、親知らずを抜歯するかを決めます。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.