川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正治療ってどのくらい痛いの?

川越の矯正歯科にいらっしゃる患者さんには、矯正治療に伴う痛みに関して気にされる方も少なくなく、カウンセリングやご相談の段階でどのくらいの痛みが伴うのか質問を受けることが多々ありますが、実際のところ川越の患者さんが心配されているほどの痛みを感じることはまずありません。

歯科治療と言えば歯を削る虫歯治療が代表的であり、これまで川越の歯科医院や矯正歯科などで虫歯治療を受けた経験のある方は、そういった治療があまりにも頭に強く残っており、患者さんの中には歯科治療恐怖症になってしまうケースもあるくらいです。

確かに、小さい頃受けた歯科治療というのは、川越の矯正歯科や小児歯科、一般歯科に限らず、どの地域のどの診療科で受けたとしても、お口の中にいろいろな器具を入れられたり、歯茎に麻酔を打たれたりするわけですから、歯科治療全般にマイナスなイメージを持ったとしても何らおかしいことではありません。

ただ、川越の矯正歯科でも治療を開始する前にきちんとご説明するようにしていますが、歯列矯正に伴う痛みというのは、歯を削ったり、歯茎に麻酔を打ったりする際に生じる痛みとは別物ですので、多くの患者さんがすぐに慣れてしまうのが現実といえます。

それにより、矯正装置のような大きな異物が装着されると、異物感や不自然さを覚えてしまうのです。

最初に第一に、矯正装置による不自然さや異物感というのは、誰しもが感じるものであると言えます。

なお、歯垢や歯石などもたまりやすくなっています。

この点に関しては、川越の矯正歯科でも、はじめに解説があるかと考えます。

川越の矯正歯科でも、キッチリとした歯医者さんなら、そうした適切な処置を施してくれます。

ですから、ケアが行き届かないと、容易に歯周病を発症し、歯茎が腫れる事となるのです。

▽治療中の苦しみについて

さて次は、矯正治療中に感じる苦痛についてです。

矯正装置はかなり複雑なものなので、そもそもお手入れが大変です。

川越の矯正歯科でも行われている矯正治療では、ワイヤー矯正という技術がメインとなっています。

これは最初に、矯正装置によって生じる物理的な苦しみというものがあります。

ですので、川越の矯正歯科で矯正治療を受けた事のある患者さんは、皆一様に、こうした感覚を覚えます。

しかも、このワイヤー矯正に用いられる金属製のワイヤーとブラケットは、装着したスポットが悪いと、歯茎や舌などに接触する事があるのです。

矯正治療中には、諸々な苦痛を感じる事があります。

理由を言えば、矯正装置はお口の中にとって異物以外の何ものでもないのですから。

それは、患者さんが定期的のオーラルケアを徹底しないために、歯茎に炎症が生じてしまうのです。

この歯茎の腫脹は、矯正装置そのものに問題がある事例も心積もりられますが、患者さん本人に問題がある事の方が多々あるかもしれません。

そういう事から、矯正装置は適切なものを適切な位置に装着されなければなりません。

私たちのお口の中は、非常にデリケートに作られています。

これはもちろんと言えばもちろんですね。

▽患者さん自身に問題がある事も

川越の矯正歯科でもそうですが、矯正期間中に歯茎が腫れてしまう事もあります。

特に金属製のワイヤーが口腔粘膜に当たると、口内炎を現れてさせたり、ひどければ出血のきっかけにもなり得るのです。

この点についても、川越の矯正歯科では、整然と解説してくれるかと考えます。

けれども、治療技術の低い矯正医は、適切な処置を施す事ができず、患者さんのお口の中を傷つけてしまうのです。

▽異物感がとれない!?

矯正治療を開始すると、諸々な異変がお口の中で起こってきます。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.