川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正中は虫歯にかかりやすくなる理由

川越の矯正歯科でも行っているマウスピース矯正やワイヤー矯正などは、治療期間を終えると、理想に近いような歯並びを手に入れることができますが、虫歯治療のように数週間で終わる矯正治療というのは珍しく、ほとんどのケースで数年かかるため、矯正期間中どのようなデメリットがあるのか知りたいと感じる川越の患者さんは多いものです。

例えば、矯正期間中は虫歯になりやすくなる、というお話を川越の矯正歯科にご来院いただく患者さんは耳にしたことがあるかもしれませんが、それがどうったメカニズムで虫歯を誘発しやすくなるのかはあまり知られていないものです。

というのも、矯正治療は歯並びの乱れを治すための治療であり、一見すると虫歯にかかりやすくなるような要素は見当たらないのですが、川越の矯正歯科で実際に矯正治療についての説明を詳しく受けたり、矯正装置などを実際に目にしたりすると、その理由が自ずとわかってくるものです。

まずいえるのは、ワイヤー矯正のような複雑な矯正装置を使った矯正治療では、矯正装置を患者さんの意志で自由に外すことはできないため、どうしても清掃性が悪くなり、長い目でみると虫歯のリスクを高めてしまうことがある点を川越の矯正歯科医は説明しなければなりません。

けれども、矯正期間中に気を抜いていると、ひとたまりもなく虫歯になり、歯並びどころではなくなってしまいます。

それを踏まえた上で、歯列矯正を受けるか如何にかを見定めしてみてください。

ブラケットとワイヤーを装着した事がある人ならわかるかと考えますが、一般的の歯ブラシで隅々まで磨く事は無理です。

ですから、川越の矯正歯科でも、その点に関して忠告をしてもらえるかと考えます。

川越の矯正歯科でも勧められると考えますが、ワンタフトブラシを綺麗に応用すれば、矯正装置の隅々まで磨く事ができます。

ですので、川越の矯正歯科に限定しず、今後歯列矯正を受けようとお考慮しの方は、矯正期間中のオーラルケアに十分用心してください。

ついでに、ワンタフトブラシというのは、毛の束がひとつだけの歯ブラシです。

▽矯正治療中に虫歯になる人も少なくない

やはり、高いお金を払って、歯列矯正を受けているのですから、できるだけ素敵歯並びを手に入れたいですよね。

矯正治療は数年にも及ぶものですから、注意深いに思いめぐらす 必須があります。

加えて、そうしたケアに自分の無い人は、マウスピース矯正のような、着脱できるな矯正装置を選択するという事もできます。

そのような事から、川越の矯正歯科で歯列矯正を受けるのであれば、そうしたブラシの使い方についても、キッチリと解説を受けておきましょう。

とにもかくにも、矯正治療中は、いつも以上にお口へのケアが必須となるという事だけは頭に入れておいてください。

矯正治療中は、歯磨きがしにくくなります。

▽ワンタフトブラシを応用しよう

上の歯列下の歯列の双方に、ブラケットとワイヤーが影響しているので、相当構想をして磨かなければ、絶対磨き残しが生じます。

もしくは、適度に着想をしなければ、上手に使いこなす事も手を焼くのです。

これに関しては、患者さんの歯並び次第であるため、川越の矯正歯科で折衝してみてはどうでしょうか。

そんな訳でお勧めなのがワンタフトブラシです。

しかし、患者さんによっては、このワンタフトブラシを用いても磨きにくいスポットがあったりします。

ですから、細かいところにまで、卒なく滑り込ませる事ができます。

矯正装置が装着されていても、綺麗に歯磨き可能なようなツールは、ワンタフトブラシ以外にもあります。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.