川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正中のオーラルケアの注意点

マウスピース矯正にしろ、ワイヤー矯正にしろ、何らかの矯正装置を装着する治療法であれば、オーラルケアに十分な配慮が必要であることを川越の矯正歯科ではお伝えしております。

とくに、マウスピース矯正ではなくマルチブラケット法では清掃性が著しく低下するので、川越の矯正歯科でも歯磨きの方法などはしっかりお伝えするようにしております。

一方、インビザラインのようなマウスピース型矯正装置を用いる矯正法では、歯磨きの際にマウスピースを取り外すので、そもそも矯正前と同じように口腔ケアできるケースがほとんどといえます。

ですから、矯正中のオーラルケアに苦労したくないという方は、はじめからワイヤー矯正ではなく川越の矯正歯科のマウスピース矯正を選択した方が賢明といえるでしょう。

そんな訳で、川越の矯正歯科でも、ブラケット装置をはめた患者さんにそれに対し、適切なブラッシング指導等を行ってくれるかと考えます。

デンタルリンスそのものに、そこまで強い虫歯防止成果はないのですが、わずかずつでも口腔内細菌を減らしていく事が価値があるなのです。

それにより、川越の矯正歯科でも、矯正治療中の虫歯について用心喚起してくれる事でしょう。

それ以外、川越の歯科でもクリニックによっては、デンタルリンスをいつも持ち歩くように勧める所もある事でしょう。

川越の矯正歯科では、他ににもたくさんな注意すべきポイントを教えてくれるかと考えます。

ただ、矯正装置をはめた事がある人ならわかりますが、最初に第一にお口の中に強い不自然さを感じるようになります。

実のところに、矯正装置をはめたステータスで、普通の歯ブラシを使ってもわりと素敵に汚れが落ちません。

そうしたところを無視して、磨ける位置だけ磨いていると、虫歯を発症してしまいます。

やはり、歯並びをしようと治療しているのに、虫歯という病になってしまったら元も子もないですよね。

矯正装置は非常に複雑な形をしていますので、歯間ブラシのようなツールがあると、磨き残しをしにくくなるのです。

こうした不自然さは徐々に緩和されていくのですが、異物がお口の中に入っている事に移ろいはないのです。

ですから、定期的の歯磨きがかなり困難になります。

ですので、外出先でもお口の中を清潔に保ち続ける努力をしていきましょう。

如何にいった歯ブラシなのかは、川越の矯正歯科でも見本を見せてくれる事でしょう。

▽矯正専門の歯ブラシを使用しよう

最初に歯ブラシに関してですが、毛先が平坦なものではなく、ちぐはぐのついた矯正専門の歯ブラシを使用する事が勧められます。

それから、歯間ブラシも応用していきましょう。

これは全国的にも同じで、ワイヤー矯正というのは、多くの患者さんへ適用可能な素晴らしい治療法であると言えます。

川越の矯正歯科では、ブラケットとワイヤーを用いた治療が多数派となっています。

矯正治療中でなければそこまでする必須もないのですが、ブラケット装置をはめていると、ありきたりの歯ブラシで必ずに磨けない位置が出てきます。

そんな訳で助けとなってくれるのが、この矯正専門の歯ブラシです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.