川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

矯正の治療中や治療後に起こり得るトラブルについて

川越の矯正歯科では、マルチブラケットや舌側ワイヤー、チンキャップやヘッドギアといった、実に多種多様な矯正装置を用いて、川越にお住いの患者さんの歯列の悩みを改善するために、日々一生懸命診療を行っています。

川越の患者さんの歯列に対する悩みというのは、ひとりひとりで大きく異なるため、画一的な矯正治療では対応することは難しく、川越の矯正歯科ではまず精密検査や綿密なカウンセリングを行うことから始めます。

ですから、すべての患者さんに異なる治療計画を立案することになりますし、矯正治療の結果もそれぞれで大きく異なるため、川越の矯正歯科ではすべての患者さんに完璧な矯正治療を提供することは難しく、それは必ずしも川越に限ったことではなく、全国どの矯正歯科にも言えることです。

そのため、矯正治療の期間中や矯正治療を終了したあとなどには、何らかのトラブルが生じることもあり、川越の矯正歯科ではその都度、臨機応変にトラブルに対処することはもちろんのこと、患者さんが満足できるような理想に近い矯正治療の結果を生み出すよう努力しています。

このように、川越の矯正歯科でも行われているワイヤー矯正には、諸々なトラブルの見込みがあります。

第二に、奥歯のブラケットが外れたケースについてですが、これは前歯のケースよりも悪影響が大きいです。

とはいっても、確かにワイヤーを切断可能なケースに限ります。

時によっては、飛び出したところのワイヤーを切断しても構いません。

そうしたトラブルに関して対処法を提示してくれるのが、良い矯正歯科といえます。

外れたブラケットやワイヤーをデフォルトにしておくと、矯正治療概要に悪影響が及んでいきます。

ワイヤーを適当に裁断してしまうと、かえって危ういな状況になる事もあるからです。

飛び出したワイヤーをデフォルト放置しておくと、お口の粘膜を傷つけたり、誤った矯正力が歯列全てに伝わる見込みもあるからです。

そうした歯科で矯正治療を受けている患者さんの多くは、ワイヤー矯正という技術で歯列矯正を行っている事でしょう。

▽ブラケットが外れてしまったら

ワイヤー矯正は、ブラケットと金属製のワイヤーを用いる矯正法です。

ですから、そのようなトラブルが生じた事例には、直ちにに川越の矯正歯科を到来ましょう。

ただ、川越の矯正歯科でもワイヤー矯正中に諸々なトラブルが現れてする事があります。

日本でも最もポピュラーな矯正法であり、諸々な症例に扱って可能な優れたものです。

▽矯正治療中のトラブルについて

川越のクリニックには、矯正治療を専門に行っている歯科が数多にあります。

真っ先に患者さん自分への影響として、真っ先に奥歯の粘膜が刺激を受けたり、圧迫を受けたりしますので、できるだけ早くそうした状況を改善する不可欠があります。

そうなった事例は、川越の矯正歯科でも解説している通り、応急処置としてワイヤーが障害にならないように曲げてしまっても構いません。

ただ、普通にはトラブルが生じた時、もうにかかりつけ医にみてもらうのが必須です。

外れたブラケットを再装着してくれます。

真っ先に前歯のブラケットが外れたケースについてですが、できるであれば外れたブラケットとワイヤーをワックスで固定しましょう。

川越の矯正歯科でも解説されるかもしれませんが、これは断っておきますが応急処置です。

ブラケットが外れる事によって、ワイヤーが口腔内に飛び出してしまう事もあるでしょう。

治療期間中には、このブラケットが外れてしまうというトラブルが起こり得ます。

ですので、川越の矯正歯科で矯正治療を受けるケースは、前もってにそうした解説をきめ細やかに行ってくれるクリニックを選択しましょう。

その場合の応急処置としては、前歯と奥歯で少々異なってきます。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.