川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯列矯正を受けるのに適切な時期とは

歯並びを整える治療である歯列矯正は、川越の矯正歯科で主に行われている歯科治療ですが、一言で歯列矯正といってもその種類は多岐にわたり、川越や各地からいらっしゃる患者さんの歯並びの状態や年齢などによっても適用する矯正法は変える必要があります。

とくに矯正治療で配慮しなければならないのは、川越の矯正歯科で歯列矯正を受ける年齢であり、川越の矯正医は患者さんの年齢や年代に応じて、適用できる治療法を厳密に管理していかなければ、適切な矯正効果が得られないことを良く知っています。

例えば、まだ成長期の真っ只中にいるお子さんの矯正治療であれば、いきなりマルチブラケットなどで歯列矯正をすることは珍しく、川越の矯正歯科では骨格の発育を正常な方向へと促したり、歯並びを悪くしている口腔習癖を除去したりするなどの矯正治療を優先します。

逆に、もうすでに永久歯がすべて生えそろって、顎の骨や全身の成長が完了している成人の患者さんに対しては、川越の矯正歯科としても顎骨の成長方向をコントロールするような矯正治療は行わず、歯列の細かい乱れをワイヤー矯正などで調整していくことをメインとするものです。

川越の矯正歯科でも、こうした補綴矯正を行っているクリニックは多々あると考えますが、全部の場合でこの矯正法を適用可能なというわけではないのです。

ですので、とにもかくにも短期間で歯並びを良くやりたい時は、この補綴矯正を選択しても良いかもしれませんね。

おそらく、川越の矯正歯科で矯正治療を考慮している方のおおよそは、この歯列矯正を受ける予定かと考えます。

大きな歯の移し変えが不可欠な事例では、帰するところ普通の歯列矯正が適切であると言えます。

川越の矯正歯科でも、小児矯正を勧めているクリニックが多々ある事でしょう。

では、歯列矯正以外にの歯の矯正法というものには、一体どんなテクニックがあるのでしょうか。

このように、矯正治療を受ける年代によって、その目的も大きく異なっている事を知っておきましょう。

▽矯正治療を受ける頃合について

第二に、矯正治療を受ける年齢についてです。

川越の矯正歯科でもそうですが、矯正治療を受ける人のあらかたは、お子様です。

別名1期矯正とも呼ばれ、だいたい骨格総体の矯正を行っていきます。

多くの時、それほど大きな歯の置き換えが必須ではない時です。

反対に言えば、歯列矯正以外の歯並びの治し方を知っている人の方が圧倒的に少ないかと考えます。

これらは、ワイヤーやブラケットなどの装置を使わないので、わりと短い時で歯並びを整える事ができます。

おそらく皆さん本人や周囲の方も、小学生や中学生くらいから、矯正治療を開始出来た方が多々あるかと考えます。

ですから、成人矯正とも呼ばれています。

▽歯列矯正が一通りではない?

歯並びを整える技術としては、最初に歯列矯正という治療法が浮かびますよね。

▽補綴矯正とは?

歯列矯正以外の歯の矯正法としては、代表的なものに補綴矯正というものがあります。

もうひとつ2期矯正と呼ばれるものがあり、こちらは歯が一通り生えそろってから行われる事がおおかたです。

これを小児矯正と呼びます。

ついでに、小児矯正を受ける人が多々あるのは、このポイントの矯正する事で、影響的に歯列を整える事ができるであるからです。

補綴矯正とは、クラウンなどの被せ物をしたり、ラミネートベニアを用いて歯並びを良くしていく手法です。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.