川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯列不正や不正咬合を予防する方法

歯並びが悪いことを歯列不正といい、噛み合わせに異常が認められることを不正咬合と呼びますが、川越の矯正歯科ではそれらを治療するだけではなく、予防する方法もご提案しております。

ですから、お子さまの歯並びやかみ合わせで少しでも気になるようなところが認められたら、迷うことなく川越の矯正歯科までご相談いただき、適切な検査を受けてください。

まだ、永久歯が生えてきていない時期であっても、今後どのような歯列不正や不正咬合が生じるかを推測できますし、将来、マウスピース矯正などが不要となるよう、処置することも可能です。

もちろん、将来的にマウスピース矯正を川越の矯正歯科で受けたいというのであれば、小児期に矯正治療を受ける必要もありませんが、歯列不正というのはできれば未然に防止しておきたいものです。

川越の矯正歯科にも、6歳くらいのお子様が来院してくる事もあります。

ですので川越の矯正歯科でも、指しゃぶりは必ず的な悪であるとは言っていない事でしょう。

そういう事から、川越の矯正歯科でも進化期にあるお子様に矯正治療を施す機会が多々あるのです。

矯正治療に関心を持っている方は、なぜ歯並びが悪くなるのか不思議に思っている事でしょう。

▽歯並びは伸びる期に決まるもの

最初に開始出来に、歯並びというのはレベルアップ期で大まかにが決まってしまいます。

混合歯列期に入っても指しゃぶりを続けてしまうと、歯並びを悪くさせますので用心しましょう。

そんな訳で採り上げるのは、歯並びが悪くなるきっかけについて、何個か解説したいと考えます。

ですから、顎がどんな感じでレベルアップして、如何にいった形で歯が並んで行くかで、歯並びが決まるのです。

▽指しゃぶりの悪影響について

それにより、歯並びの良さも悪さもランクアップ期に決まります。

これは、キッチリとものを噛んで食事をしないために起こる歯列不正ですので、配慮してみて下さい。

実のところ、川越の矯正歯科に来られる患者さん方も、そうした質問を歯科医者にぶつけているかと考えます。

具体的には、指しゃぶりや唇を咬むような癖ですね。

しかも、歯並びが悪くなるきっかけについて知りたいと心積もりているのではないでしょうか。

けれども、永久歯が生えスタート出来てもそして指しゃぶりをしているケースは、危ういと言えます。

指しゃぶりは、お子様にとってストレスを決着する役割を果たしています。

ランクアップ期のお子様は、まだ顎や歯が発育途中にあります。

ここで、何か不必要な癖などを身につけてしまうと、歯並びが悪くなってしまうのです。

その頃には、指しゃぶりでストレスを解決せずとも、他にたくさんな技術が見つかっているはずです。

とはいっても、指しゃぶりは全部行ってはいけないかといえば、そうでもないのです。

歯の本数は、普通にみんな同じですよね。

そんな訳で母親から話し合いされるのが、とどのつまり指しゃぶりなどの癖についてです。

川越にある矯正歯科でも、食事の仕方が悪くて歯列不正を招いてしまったお子様がいらっしゃいます。

理由を言えば、このポイントに顎の形や大きさが決まるからです。

ですから、指しゃぶりなどの癖は、歯並びに強く影響していきます。

こういった癖は、出っ歯などの歯列不正を生んでしまうきっかけとなり得るのです。

他に、お子様の食事の仕方にも注意してみてください。

小児矯正という名前がついていますが、矯正と言えば結局レベルアップ期に行うのが最もデフォルト的であると言えます。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.