川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯列不正の原因となる口呼吸とは

歯並びはいろいろな原因によって乱れるものですが、その中でも意外に思われがちなのが舌の位置による歯列不正で、川越の矯正歯科にご来院いただく患者さんの中にも、そういった位置が正常でない場合に歯並びが乱れてしまうことを事前にお伝えするようにしています。

そこで気になるのが舌の位置が異常である状態ですが、もっともわかりやすいケースとして口呼吸が挙げられ、川越の矯正歯科の患者さんで、口呼吸をされているお子さんに対しては、今の呼吸法が継続すると、将来的に上顎前突などの歯列不正が生じる可能性がある、と説明することがあります。

私たちは本来、鼻呼吸で呼吸を行うものですが、鼻が詰まりやすかったり、骨格的な問題でいつも口が開いた状態であったりすると、鼻呼吸ではなく口呼吸になる傾向が高まり、その結果として舌が異常な位置にあるため、川越の矯正歯科で治療が必要となるケースもありえます。

具体的には、口呼吸でいつもお口が開いていると、舌が下方に位置しており、上顎の歯列に圧力などが加わりにくくなるため、結果として上顎歯列の狭窄を引き起こすことがあるので、川越のの矯正歯科ではできるだけ早期に口呼吸を改善するように患者さんへ働きかけます。

こういった時は、舌やその周囲の筋肉が衰えている事例もあり得ます。

大事なのは舌が正しい位置にあるか如何にかです。

川越の矯正歯科にいらっしゃるお子様の中には、いつも舌を前に突き出している場合があります。

できるであれば、ご両親がお子様に反対に、舌を出す事の悪い面を伝え、頭でわかってもらった上で習癖を取り除く事が望ましいです。

ともあれ、歯列不正を招く口腔習癖は諸々なテクニックで改善する事ができるです。

そうしたお子様のためにも、歯科クリニックは色々な治療法やトレーニング法を提供しています。

この装置を装着すると、どんだけお子様が舌を前に出そうとしても、留め具が厄介をして出せないようになります。

あるいは、意識していないにも関わらず、舌が口から外へ出ている事例もあります。

驚くほどふんだんにの治療法がありますよ。

これは舌を前に突き出す癖がある方に適用されるもので、川越の矯正歯科でも実のところに使用している事でしょう。

▽舌を正しい位置に置く事が大事

歯列を乱すきっかけとなる舌の位置や動きなどは、早めに矯正しておく必須があります。

そういう場合では、川越の矯正歯科でもそうですが、タングクリブのような装置を用いるようにしているのです。

そして具体的なテクニックについては、川越の矯正歯科なり、かかりつけ医なりに聞いてみてはどうでしょうか。

ですので、ある意味半強制的に口腔習癖を取り除く手法といえます。

ただ結局、川越の矯正歯科に来院される患者さんもそうですが、口腔習癖というのはそう造作なくにやめられるものでもないのです。

川越の矯正歯科にも、舌についての習癖がきっかけで歯列不正を起こしているお子様が数多くいらっしゃいます。

無論、川越の矯正歯科に限定しずとも、全国のクリニックで応用されている矯正装置です。

最も理解いただけやすいのは、タングクリブという装置を使った治療法です。

ただ、川越の矯正歯科でもそうですが、多くの事例は舌の習癖がきっかけだったりするものです。

▽舌突出癖を治す装置

では、舌の習癖はどんな感じでして改善していくのでしょうか。

特に無意識に行っている時では、頭で習得したとしても、体が反応してしまうため除去する事が困難といえます。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.