川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯列の幅を緩やかに拡大する緩徐拡大装置

歯並びが悪くなる原因というのは、まだ永久歯がはえそろっていない時期からその兆しが現れてくるもので、とくに骨格的な問題についてはできるだけ早い段階で見つけておく方が良いと川越の矯正歯科では川越にお住いの患者さんにお伝えしております。

骨格的な問題というと、なんだか難しいお話ように思えますが実際はそんなことはなくて、私たちの歯がどのような状態で生えているのかをイメージすることで、その仕組みがよくわかるようになりますし、川越の矯正歯科の治療で、緩徐拡大装置のようなものが必要な理由も理解できるようになります。

そこでまず思いうかべていただきたいのが、私たちの歯は単に歯茎に支えられているだけではなく、その下には歯槽骨といった顎の骨が存在していますし、当然のことながら上顎骨や下顎骨といった顎の骨が骨格的な役割を果たしているため、川越の矯正歯科の矯正医は、矯正治療を川越の患者さんに施す際には、骨格的な検査を欠かすことがありません。

例えば、上顎の幅が狭くて、歯列全体が狭いような状態のお子さんが川越の矯正歯科にいらっしゃった場合は、急速拡大装置や緩徐拡大装置といった歯列の幅を広げるための矯正法をご提案することがありますし、川越の矯正医も治療説明の際にその必要性について詳しく解説することでしょう。

▽緩徐拡大装置の種類や作用について

川越の矯正歯科でも用いられる緩徐拡大装置には、クワドへリックやバイヘリックスといったものがあります。

ですので、川越の矯正歯科でもこの年代のお子様に緩徐拡大装置を使用する機会が大いに多々あるといえます。

なお、矯正治療中も困った事があったら直ちににかかりつけ医のところへいきましょう。

装着するのがお子様なので、不自然さを感じて装置を外したいと強く訴えてくる事もあります。

そして、緩徐拡大装置は設計の仕方によっては、舌突出癖などの口腔習癖を改善する役割も果たしてくれるのです。

外してしまったら矯正治療の影響も得られなくなってしまいますので、その点についてはご両親がキッチリと管理する必須があります。

こういった装置は、顎の骨の形をダイナミックに矯正する事が可能なため、適用する事が可能ならかなり高い治療影響を得られます。

クワドヘリックスは上顎の矯正に用いられる装置で、バイヘリックスは下顎の矯正に用いられます。

ですので、治療を受ける前の心理コンサルタントの段階で、歯科ドクターに解説などをよく聞いておきましょう。

では、これらの緩徐拡大装置は、川越の矯正歯科で如何にいった症例に反対に適応されているのでしょうか。

矯正治療を成功させる上で、かなり重要な事を伝えてくれるはずです。

▽混合歯列期にその影響を発揮する

緩徐拡大装置であるクワドヘリックスやバイヘリックスは、普通に発育途中にある年代に適応されます。

川越の矯正歯科では、快く扱ってしてくれるかと考えます。

川越の矯正歯科には、月次豊富にのお子様が来院されてきますので、如何にいった視点から解説すれば、お子様が矯正治療の意義を習得してれるかも熟知しています。

どっちも狭窄した歯列弓を拡大するためのものです。

無論、川越の矯正歯科では、こういった装置を装着する前に、その意義についてご両親やお子様に念入りに解説してくれる事でしょう。

具体的には、乳歯と永久歯が入り混じっている混合歯列期において、高い成果が望みされる矯正装置といえます。

ただ、その不自然さも1週間もすれば決着される事が多々あるです。

▽装着する意義をお子様に解釈していもらう

川越の矯正歯科でも据え付けしてくれる緩徐拡大装置は、そこそこに大きなものですから、装着してからしばらくは不自然さがある事でしょう。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.