川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯並びは一生変化し続けるもの?

私たちの歯並びというのは、永久歯が生えそろってからそのままの形態を一生維持し続けるというわけではなく、川越の矯正歯科でも患者さまに対して歯並びは一生変化し続けるものだということをご説明しております。

それは川越の矯正歯科でマルチブラケットによるワイヤー矯正などを受けた場合でも同じで、あるいは歯列矯正などを一切受けていなくても、歯の並びというのは加齢とともに徐々に変化していくものなのです。

ですから、川越の矯正歯科で矯正治療を受けた時のように、歯を強引に動かした際などは余計にその後の経過を観察する必要がありますし、矯正治療では必ずリテーナーを用いた保定期間が設けられるのはそのためといえます。

そこで気になるのが歯並びというのが一生をかけてどのような変化を見せたり、矯正後にどのような後戻りを起こしたりするかという点かと思いますが、それは川越の矯正歯科の患者さまでも実際に見られたケースでご説明いたします。

その結果生じるのが出っ歯ですね。

食事の場合は、上下の歯の間に食べ物が介在しますよね。

つまり、矯正治療によって歯を動かした様子は、おっしゃる通り風情はあるべき姿的な位置へと置き換えしているのですが、歯をつなぎとめている線維は元の位置に留まったまま、単に伸びているだけである事が滅多にないのです。

そうです。

矯正治療には「後戻り」という現象がつきもの!?

矯正治療が完了すると、ほぼ総ての症例で保決まった間(ほていきかん)へと入ります。

それだけに、歯の咬耗(こうもう)の度合いも高くなります。

この線維にはゴムのような弾力性があって、歯を強引に動かしたとしても、総て引き千切れてしまうわけではないのです。

矯正治療がゴールじゃない?歯は一生かけて移り変わりし続ける歯列矯正は、わりと長い期間を要する歯科治療のひとつです。

定期的の食事で咀嚼運動を行う度に、エナメル質同士が接触し、僅かながらも擦り減っていきます。

その間には歯根膜というクッションのような組織が介在していますし、歯周組織とは充分にとした線維でつなぎ止められているのです。

無論、マウスピース矯正など、それ以外の矯正法を選択する事で期間を短縮させる事はできるですが、そこまでしても結局1?2年は必要になるものです。

理由を言えば、これらの口腔習癖は、いつもの咀嚼運動よりもまた強いダメージが歯へと蓄積するからです。

他にも、エナメル質が毎日接触しているのは、同じ硬度のエナメル質です。

歯は毎日擦り減り歯列も次第に乱れていく

咀嚼運動で歯が擦り減る私たちの歯は、年を経るごとに擦り減っていく性質にあります。

ですから、矯正装置を外すと線維の弾力に引っ張られて、歯も後戻りを起こしてしまうのです。

歯科的に色々な手法で改善する事ができます。

歯ぎしりや食いしばりが歯を擦り減らせる!

歯ぎしりや食いしばりといった悪習癖がある人は要注意です。

それ以外、摩耗や咬耗の部位に応じて、あるいは加齢による歯の欠損によっても歯列が乱れる事があります。

このように、歯と歯列は一生かけて移り変わりし続けます。

それだけに、矯正治療が終了すると、気を抜いてしまう患者さんも多々いらっしゃいますが、これからが幕開けともいえます。

ここでは、私たちの歯が一生かけてどんな感じで移り変わりしていくのかを細かいところまで紹介します。

しかも奥歯が擦り減って、噛み合わせが深くなると、咀嚼の場合に最初に先に、前歯の方が当たるようになるのです。

そのような歯ぎしりや食いしばりは、だいたい強いストレスがかかった時に生じる性質にありますので、阻止するには真っ先にストレスのコントールが肝心といえます。

つまり、矯正治療であるべき姿的な歯列を入手したとしても、その様子がデフォルト保たれる事はないのです。

目指す形的な歯列を保ち続けるには、一生かけてお手入れする必須があるのです。

動かした歯は何故元の位置に戻ろうとするの?

歯は顎の骨に直接埋まっているわけではありませ。

この現象を防ぐために、保定期間が設けられます。

これは誰にでも起こる生理的減少といえます。

じっくりと保定する事で、線維の再構成が起こり、歯を置き換えした状況が正常な位置へと移り変わりしていきます。

すると、いつも前歯に強い力がかかってしまうため、前歯は前方へと突出するようになります。

理由を言えば、歯や歯列は一生かけて移り変わりし続けるものだからです。

これを矯正治療における「後戻り」と呼んでいます。

一方、歯ぎしりや食いしばりでは、エナメル質同士が直に接触するだけでなく、咀嚼の時以上に強い力が必要になる事が多々あるです。

それは生理的現象も含みますので、一通りを防止する事は無理です。

わかりやすいのがダイヤモンドで、ダイヤモンドを加工するには同じ硬度のダイヤモンドを用いるのが一般的ですよね。

これがある種の緩衝材になりますので、エナメル質同士の直接的な接触を避ける事ができます。

矯正治療では、矯正装置を用いて強引に歯を動かしていますから、装置を外すと歯は元の位置へと戻ろうとするのです。

ただ、適切な矯正治療を受ける事で、無用な移り変わりを回避する事はできます。

歯が擦り減る事で歯列が乱れるメカニズム

歯の擦り減りが顕著に現れるのは、だいたい奥歯です。

エナメル質は人体で最も硬い組織なのに、何故擦り減ってしまうの?と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ硬度のものがぶつかり合えば、もちろん双方にダメージが加わります。

保定とは、動かした歯をそのステータスに維持するために施す処置で、リテーナーと呼ばれる専門の装置を使用します。

ワイヤー矯正における日本人の平均矯正期間は、2年7ヶ月といわれていますので、結構な長さですよね。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.