川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯並びの骨格的な問題を改善する矯正治療法

歯並びが悪い状態を専門的には歯列不正といいますが、そうした歯列不正が生じる原因は人によってさまざまで、川越の矯正歯科に歯列矯正を希望して来院される患者さんも歯並びが悪くなっている原因はひとりひとりで大きく異なります。

例えば、悪い歯並びの原因として最もわかりやすいのが骨格的な問題で、顎の骨が小さかったり、大きかったり、あるいは幅が狭かったりするなどの異常があると、多種多様な歯列不正の原因となることがあり、川越の矯正歯科でもそれぞれの原因に応じた治療をご提案いたします。

この中でも顎の幅が狭い、あるいは歯列の幅が狭い症例では、できるだけ発育期の間に骨格的な問題を改善することが望ましく、川越の矯正歯科では急速拡大装置などを活用して、患者さんの顎の幅を広げるような処置を施すことがあります。

急速拡大装置は文字通り顎の幅を短期間で拡大する装置ですが、緩徐拡大装置と呼ばれる矯正装置ではもう少しゆっくりとしたペースで顎の幅を改善する方法もあり、川越の矯正歯科ではそれぞれの患者さんのお口の状態や発育状況なども考慮した上で最適な治療法を提案しております。

▽急速拡大装置とは

川越の矯正歯科では、緩徐拡大装置と同じように急速拡大装置もしきりに使用される事が多々あるです。

ですから、川越の矯正歯科ではこういった装置を使用する前に、そうした苦痛などの症状についてもキッチリと解説してくれる事でしょう。

急速拡大装置を用いるのは、普通にお子様ですから、苦しみなどの症状についてはかなり気を使ってあげる不可欠があります。

それによって歯並びの悪さを感じ、川越の矯正歯科を来院される患者さんもいらっしゃいます。

このように、歯列や顎の骨概要を広げるような矯正治療は、普通にお子様に反対に行われます。

川越の矯正歯科でも、小児矯正でしょっちゅうに使用している事でしょう。

発育期だからこそ可能な、ダイナミックな矯正治療といえます。

小児は顎の骨を開始出来として、体の発育がまだ継続中です。

その時、前方に傾斜している歯だけを治療すれば良いので、治療が質素になるのです。

それ故、こういった装置で歯列弓全てを拡大し、骨格的な矯正治療を進めていけるのです。

それだけに、痛さなどを伴う事が多々あるです。

▽歯並びのきっかけに応じて治療の敷居が異なる

歯並びの悪さには、そのきっかけが歯そのものにある時と、骨格にあるケースとがあります。

ところで、緩徐拡大装置には、クワドヘリックスとバイヘリックスといったものがよく使用されます。

けれども、歯並びの悪さのきっかけが顎の形や大きさといった骨格にあるケース、そう手っ取り早くに改善する事はできません。

そういう場合は、川越の矯正歯科でもよくある事ですが、一例を挙げれば、歯がちょっと前方に傾斜していたとしましょう。

歯そのものにきっかけがある時は、治療するのはわりと造作なくであるといえます。

そのときに用いられるのが、急速拡大装置や緩徐拡大装置といったものです。

これらは川越の矯正歯科でも使用されており、歯列全部を広げるときに用いられています。

クワドヘリックスは上顎歯列弓に適応される装置で、バイヘリックスは下顎に適応されます。

治療自体は相当大規模なものになりますが、その分影響も大きいです。

▽歯列総体を拡大していく装置

小児矯正では、骨格的なアプローチから、歯並びを改善する事が多々あるです。

どっちも歯列弓をゆったりと拡大していく装置です。

急速拡大装置は、文字通り歯列弓を急速に拡大していきます。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.