川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯並びの異常の種類について

川越の矯正歯科にお越しの方には、それぞれ異なる歯並びの異常があるのですが、その種類については詳しく知らない方がほとんどですし、マウスピース矯正やその他の治療法のいずれが適しているのかも判断できないことかと思います。

そこで今回は、川越の矯正歯科でマウスピース矯正のような歯列矯正が必要となる歯並びの異常の種類や症状、最適といえる治療法についてわかりやすく解説します。

まず歯並びの異常についてですが、これは専門的に「歯列不正(しれつふせい)」や「不正咬合(ふせいこうごう)」とも呼ばれており、川越の矯正歯科でマウスピース矯正のカウンセリングを受ける際にそのような専門用語が出てくることもあることを承知しておいてください。

どちらも同じような意味を持った言葉なのですが、川越の矯正歯科でのマウスピース矯正を必要とする症例では、歯そのものに異常があるケースが大半を占め、顎の骨の異常に由来するものは適されないことも多々あります。

この事例は、前歯だけが倒れている状況なので、その歯を正常な位置まで起こしてあげれば、出っ歯は治ります。

もう1つは、上の顎の過剰な発展です。

正式には、「上顎前突」という小困難な名前がついています。

<出っ歯には2つのパターンがある>出っ歯というのも、代表的な歯列不正のひとつであると言えます。

もしも、矯正を腹積もりている時は、自らの歯列不正がどのパターンに当てはまっているのか、見極めしてみてください。

他に、すきっ歯という、前歯と前歯の間に空きが可能な歯列不正もあります。

いつもお口がポカンと開いているお子様っていらっしゃいますよね?あれは、多くの事例、歯列不正がきっかけでお口が開いてしまっていると言えます。

<下の顎が突き出しているケース>先ほどの「上顎前突」とは逆で、下の顎が前方へ突き出してしっている事例を「下顎前突」と言います。

根本的なきっかけとしては、指しゃぶりや下を口の外に出す癖などが心積もりられます。

<歯並びがガタガタのケース>1本1本の歯が、各々の別の方向へ向いてしまっている時を「叢生(そうせい)」と呼びます。

1つ目のきっかけとしては、前歯の倒れこみです。

俗には乱杭歯と呼ばれるもので、日本人に多々ある歯列不正と言えます。

結果として、上と下の前歯が前方へ突き出てしまって、顎と顎の間に空きができてしまうのです。

下顎前突のきっかけとしては、下の顎の過剰なレベルアップが挙げられます。

つまり、何故上の顎が前へ出てしまっているのか、という事です。

これは、顎自体が前方へ飛び出してしまっているため、出っ歯を治すのは、かなり大変な作業となります。

「不正」と言うくらいですから、歯並びのどこかが間違っています。

俗には、受け口と呼ばれています。

また、歯列不正はその間違いによって、幾つかのパターンに分ける事ができます。

<口がポカンと開いている>お子様に多々ある歯列不正としては、「開咬(かいこう)」というものがあります。

顎の中に収める歯の数は、人種によって異なるものではないのですから、自ずと理不尽して歯を並べていく事となりますよね?つまり、小さな顎に32本の歯を並べた結果、キッチリと収まらずに溢れ出てしまった様子が叢生であると言えます。

というのも、日本人の顎というのは、欧米人と比較してかなり小さいのです。

このように、歯列不正には諸々なものがあり、そのきっかけも対処法も大きく異なってきます。

けれども、この名前の由来が相当大事なのです。

ですので、初めに自身の歯並びの悪さのきっかけを突き止める事が重要かと考えます。

歯列不正とは、歯並びが悪くなっている状況を指します。

というのは、出っ歯のきっかけは大きく2つにわける事が可能なからです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.