川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯並びが悪いのは遺伝のせい?それとも生活習慣が原因?

川越の矯正歯科には、実に多様なお悩みを抱えた患者さんがいらっしゃいますし、歯並びというのはひとりひとりで大きく異なるものであるため、まずは川越の矯正医としては歯並びが悪い原因をきちんと突き止めないといけないのです。

例えば、歯並びが悪くなる原因として第一に挙げられるのは、骨格的な問題で、上の顎が成長し過ぎたり、下の顎の成長が遅れていたりすると、いわゆる出っ歯と呼ばれる上顎前突の症状が現れますので、川越の矯正歯科ではそうした骨格を持ったお子さんに対して、早期に治療を受けるよう勧めることもあります。

また、指しゃぶりや舌を前に突き出す舌突出癖のような口腔習癖があっても、出っ歯や乱ぐい歯などの歯列不正を引き起こすことがあるため、川越の矯正歯科の矯正歯科医は患者さんに対して日常生活の習慣に関してもきちんとアドバイスするようにしているのです。

ですから、歯並びが悪くなる原因は、実に多様であり、その結果生じる歯列不正も個人差が大きいため、川越の矯正歯科では全員に同じような矯正治療を施すのではなく、患者さんひとりひとりに最適といえる矯正法や治療計画を提案し、同意を得るようにしています。

子どもの頃に、よく噛まなくても食べられる軟らかい食事やよく噛まずに飲み物と共に飲み込むような食べ方ばかりをしていると、あごの骨の伸びる期にあごが十分に発達せずに小さくなってしまいます。

さらに、大人でも、頬杖をつく、指・爪・唇を噛んでいる、一定方向でいつも寝ている、口がいつも開いているなど、これらの癖も歯並びを悪くする要因になります。

結果、小さなあごに大きな歯が生えるので、歯が並ぶだけの十分なスペースがなく前後にデコボコとした歯並びになってしまいます。

けれども、永久歯が生えスタート出来てもしかも指しゃぶりをしているケースは、危ういと言えます。

ですので川越の矯正歯科でも、指しゃぶりは必ず的な悪であるとは言っていない事でしょう。

指しゃぶりは、お子様にとってストレスを決着する役割を果たしています。

そんな訳で母親から話し合いされるのが、とどのつまり指しゃぶりなどの癖についてです。

▽歯並びは向上期に決まるもの

最初に開始出来に、歯並びというのはランクアップ期で大まかにが決まってしまいます。

理由を言えば、このタイミングに顎の形や大きさが決まるからです。

その上、歯並びが悪くなるきっかけについて知りたいと心積もりているのではないでしょうか。

徐々に直すように心がけましょう。

ですから、顎がどんな感じでレベルアップして、如何にいった形で歯が並んで行くかで、歯並びが決まるのです。

とはいっても、指しゃぶりは全部行ってはいけないかといえば、そうでもないのです。

指しゃぶりをする息子我が子のころの指しゃぶりいつもからの癖赤ちゃんのころの指しゃぶりは特に歯並びには問題ないのですが、幼児期(4〜5歳)に指しゃぶりがいつまでも直らないケースは指の力で歯が動き、出っ歯などのきっかけにつながる事があります。

ちゃんと噛む習性をつけましょう。

矯正治療に関心を持っている方は、なぜ歯並びが悪くなるのか不思議に思っている事でしょう。

他に、お子様の食事の仕方にも注意してみてください。

そんな訳で今度は、歯並びが悪くなるきっかけについて、何個か解説したいと考えます。

実のところ、川越の矯正歯科に来られる患者さん方も、そうした質問を歯科ドクターにぶつけているかと考えます。

ですから、指しゃぶりなどの癖は、歯並びに強く影響していきます。

具体的には、指しゃぶりや唇を咬むような癖ですね。

そのような事から、川越の矯正歯科でも向上期にあるお子様に矯正治療を施す機会が多々あるのです。

その頃には、指しゃぶりでストレスを解決せずとも、他にたくさんな技術が見つかっているはずです。

ここで、何か不必要な癖などを身につけてしまうと、歯並びが悪くなってしまうのです。

川越の矯正歯科にも、6歳くらいのお子様が来院してくる事もあります。

小児矯正という名前がついていますが、矯正と言えばとどのつまり伸びる期に行うのが最もデフォルト的であると言えます。

混合歯列期に入っても指しゃぶりを続けてしまうと、歯並びを悪くさせますので配慮しましょう。

▽指しゃぶりの悪影響について

それ故、歯並びの良さも悪さも発展期に決まります。

レベルアップ期のお子様は、まだ顎や歯が発育途中にあります。

歯の本数は、普通にみんな同じですよね。

これは、キッチリとものを噛んで食事をしないために起こる歯列不正ですので、配慮してみて下さい。

川越にある矯正歯科でも、食事の仕方が悪くて歯列不正を招いてしまったお子様がいらっしゃいます。

こういった癖は、出っ歯などの歯列不正を生んでしまうきっかけとなり得るのです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.