川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯並びが悪いことで生じる全身の異常とは

川越の矯正歯科でもご説明しているように、歯並びが悪いことで生じるデメリットというのは、口腔内に限ったことではないので、マウスピース矯正などで治療を受けるとさまざまなメリットが得られます。

例えば、歯並びをマウスピース矯正で整えると、噛み合わせが良くなって、全身のゆがみがなくなるというのは、川越の矯正歯科に限らず、矯正医なら誰でも詳しく知っていることですよね。

理由のわからない頭痛や肩こりといった不調は、意外に歯並びや噛み合わせの異常に由来していることも多いもので、川越の矯正歯科ではマウスピース矯正でそういった全身の症状が改善されることもあるとお伝えしております。

もちろん、歯並びによって改善される症状というのは、患者さまそれぞれで大きく異なりますし、川越の矯正歯科としてはそれらを確約できませんが、間接的に得られるメリットとして理解していただけたら幸いです。

その上、もちろんの事ながら、ものを噛むときにも、歯列不正は悪影響を及ぼします。

これは、前歯が前方に飛び出ていたり、1本1本の歯がバラバラな方向に生えてしまっているようなステータスを指します。

理由を言えば、歯並びと発音が結びつきしているという事実に、あまりピンとこないからかもしれません。

▽顎関節症を引き起こす事もある

他に、歯列不正があると、顎関節症を誘発する事もあります。

ただ、川越の矯正歯科に限定しず、どのクリニックでも解説されているとは考えますが、歯列不正がもたらす悪影響というのは、審美的な問題だけではないのです。

川越の矯正歯科にいらっしゃる患者さんの中にも、顎関節症の性質がある方もいらっしゃいますが、歯列不正がひとつのきっかけとなっている場合もチラホラ見受けられるでしょう。

顎関節症というと、顎の関節の病ですから、歯並びは結びつきないように感じますよね。

ですので、もしも声が出しにくかったり、麗しいに発音する事ができないケースは、その裏に歯列不正が隠れている事もあるのです。

そうすると、そこそこ噛み合っているところだけで、咀嚼を行ってしまうため、その歯ばかりが擦り減ったりしてしまうのです。

川越の矯正歯科に来られる患者さんたちも、歯列不正によって、びしっとものを噛めないステータスに陥っている人もいます。

▽発音や噛み合わせを悪くする

最初に、歯並びが悪いと発音がしにくくなるという弊害が生じます。

川越の矯正歯科でも、こうした解説すると意外に思われる方も少なくないのです。

多くの事例、そのような患者さんは佇まいの悪さを何とかやりたいという想いを持たれています。

けれども、私たちが声を発するときには、声帯や気道だけではなく、お口の周囲の筋肉や上下の歯列も使用しているのです。

それだけに、川越の矯正歯科でも歯列不正に悩まされている人には、矯正治療を勧めているのです。

おっしゃる通り、歯が整然と噛み合っていなければ、咀嚼運動の起点となっている顎の関節に、多大な負担が必要になるのは印象できますよね。

歯並びを悪くするきっかけに、歯列不正というものがあります。

こうした歯列不正に悩まされている患者さんが、月次、川越の矯正歯科にも到来てきます。

けれども、実のところはそうではないのです。

歯並びの悪さをデフォルト歯列不正と言い換えても良いかもしれませんね。

このように、たかが歯列不正と思わずに、それによって、お口の周囲に多大な悪影響をもたらすものなのだと認識しましょう。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.