川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯や歯並びに悪影響を与える習慣

普段から歯ぎしりや食いしばりなどを行っている場合は、歯や歯並びに対して悪影響があるということを川越の矯正歯科の歯医者は患者さまへとお伝えしております。

歯ぎしりのようにものすごく強い力で歯が接触すると、歯が摩耗したり、欠けたりするだけではなく、歯周組織に炎症をもたらすなどのトラブルも引きお越しうるので、川越の歯科クリニックでは積極的に改善するようおすすめしております。

その他にも、頬杖をつくという習慣に関しても、一見すると何ら歯や歯並びに悪影響が内容に思えますが、川越の矯正歯科の患者さまの中には、頬杖が原因で顎関節症を引き起こしてしまった方もいらっしゃいます。

また、頬杖が習慣化していると歯並びの悪化にもつながることから、川越の矯正歯科の歯医者さんは、そうした悪習癖をケースによっては治療用の装置を使って矯正することも行います。

頬杖や歯ぎしりなどの悪習癖によって歯並びが乱れてしまったら、いよいよ川越の矯正歯科のマウスピース矯正などを受けなければならなくなりますので、十分注意しましょう。

川越の矯正歯科にいらっしゃる患者さんも、遺伝的に出っ歯であったり、受け口であったりする方がいらっしゃいます。

試しに現在もう、頬杖をついてみましょう。

川越の矯正歯科にやってくる患者さんたちも、こうした頬杖という癖によって、噛み合わせがズレ、歯列不正を招いてしまった方が多くいらっしゃるのです。

皆さんは、何故歯並びというものが悪くなっていくのかご存知ですか?真っ先に考え浮かぶのは、遺伝ですよね。

▽何故頬杖をつくと歯並びが悪くなるの?

一見すると、頬杖と歯並びの悪さというのはつながりませんよね。

ですので、いつもから何も気にせずに頬杖をついてしまっている方もいらっしゃる事でしょう。

その中で、採り上げるの取り上げておきたいのが「頬杖をつく」という癖です。

こうした形で歯並びが悪くなり、川越の矯正歯科に駆け込んでくるお子様もいらっしゃいます。

▽頬杖は無意識に行っている事も多々ある

ただ、厄介な事に、頬杖といういうのは無意識に行っている事が少なくないのです。

最初に、頬杖をつくと、顎に過剰な負担が必要になる事になります。

このように、癖というのはそう手軽にに治す事はできませんが、できるだけなくすように努力をしていく事が必須です。

ですから、歯並びの悪さというのは、真っ先に第一に、持って生まれた顎の形や大きさなどがきっかけとなっていると言えます。

ただ、それは断っておきますが歯列不正のきっかけの部分であって、他にも歯並びを悪くする要因はたくさんと影響しています。

頭の重さが頬杖をついた方の顎に、集中しているのを感じる事ができます。

そのような時では、周囲の身内などが気付かせてあげる事が肝心です。

こうなると、噛み合わせがずれてきてしまいます。

川越の矯正歯科の患者さんの中にも、この頬杖によって歯並びが乱れ、矯正治療を受けた方も沢いらっしゃいます。

さらに、これがお子様であった事例、顎の向上に支障をきたす事もあります。

または、川越の矯正歯科などに来院して、心理コンサルティングを受けて気付く事もあります。

お子様の顎は、まだまだ発育途中にありますので、頬杖などの悪い癖が悪影響を及ぼす事になります。

具体的には、頬杖によって下顎が圧迫され、下顎のレベルアップを抑制する事もあるのです。

こうした時では、ご身内も同じような骨格を持っており、なお且つ同じくの歯列不正に悩まされている事が多々あるです。

川越の矯正歯科では、こういった歯列不正のきっかけとなる癖についても、詳細に解説してくれるかと考えます。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.