川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

歯の後戻りを防止するための処置

矯正治療を川越の矯正歯科で受けた後は、しばらくの間、動的矯正によって動かした歯が元の位置に戻らないように、保定という処置を行わなければならないのですが、川越にお住いの患者さまの中には矯正治療が完了した時点で、もう歯科には通院しなくても良いと考えている方もいらっしゃいます。

もちろん、歯列矯正によって動かした歯がどのくらい元の位置に後戻りしようとするかは、患者さんそれぞれで異なりますし、保定にかかる期間も大きく違うため、一概にはいうことはできませんが、基本的に川越の矯正歯科で歯並びの治療を受けた場合は、保定装置による後戻りの防止処置を施す必要があります。

保定装置というのは、専門的はリテーナーと呼ばれており、一般的な矯正装置に近い形態をしているのですが、マルチブラケット装置のようなデコボコとしたものではなく、もう少しスマートな形態をしているため、川越の矯正歯科で保定処置を受けても、日常生活に大きな支障がでることはほとんどありません。

保定をしっかりと行うことで、数年かけて動かした歯の位置を固定することができますので、川越の矯正歯科医もその必要性について患者さんにきちんと説明していることでしょう。

▽保定期間はどれくらい

川越の矯正歯科でいつもの矯正治療を受けると、概ね2年程度の治療期間を要する事が多々あるです。

そうすれば、素敵な歯列を一生維持する事も無理ではないのです。

矯正装置を何年も装着してきて、やっとこさ取り外す事ができたのに、引き続きリテーナーをつけなければならないのは、辛い所ですよね。

他にも、保定処置に関しても、長い事例で2年以上必要になる事もあります。

では、そもそも保定装置であるリテーナーというのは、如何にいったものなのでしょうか。

ですので、川越の矯正歯科で保定処置を受ける場合にも、人各々リテーナーの形態が異なってくる事でしょう。

もしも保定装置であるリテーナーを装着しなければ、やはり時をかけて動かした歯が元の位置に戻ってしまうのです。

▽矯正装置との異なる点について

リテーナーは、歯列を固定するための装置です。

川越の矯正歯科でもそうですが、歯列矯正の治療を終えた後は、保決まった間へと入っていきます。

ただ、リテーナーも矯正装置のように金属で出来ているものもあります。

けれども、リテーナーを使用した保決まった間というのは、歯列矯正にとって欠かす事のできない治療過程です。

あるいは、プラスチック製のリテーナーが用いられる事もあります。

ですから、現在まで装着していた矯正装置とは全く別物であると心積もりましょう。

そうなると、矯正治療にかかった時と同じくらい、保定装置をつける事になりますが、矯正装置ほど不快なものではないので、そこはご心配無用ください。

ですから、川越の矯正歯科に限定しず、矯正治療を施しているクリニックでは、この保定処置を省いてしまうような所はないと言えるでしょう。

理由を言えば、矯正装置というのは、歯を動かすためのものだからです。

その上、必須であれば自ら自分で取り外す事もできるな保定装置もあります。

川越の矯正歯科でも、この点について残念を持つ患者さんが少なくはないようです。

ともあれ、保定期間まで終えてやっとこさ矯正治療が仕上げしますので、リテーナーに関しても歯科医者の指示通りに装着していきましょう。

これは各々の患者さんのお口の様子に組み合わせて活用られるものだとご汲み取るください。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.