川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

指しゃぶりや舌癖による悪影響と対処法

矯正治療は子どもの頃に受けた方が良いというのは、皆さんもご存知のことかと思いますが、川越の矯正歯科では、マウスピース矯正などが必要とならないような対策を講じることの重要性もお伝えしております。

例えば、もうすでに起こってしまった歯並びの異常というのは、川越の矯正歯科のマウスピース矯正などを行うことで改善することができますが、歯並びを悪くする習癖をあらかじめ除去してしまえば、マウスピース矯正を実施する必要もなくなるのです。

具体的には、指しゃぶりや舌を前方へと突き出すような癖が認められる場合は、小さい頃の段階でそうした口腔習癖を取り除くことで、将来、川越の矯正歯科でマウスピース矯正を受ける必要もなくなります。

ですから、今現在お子さまにそうした指しゃぶりなどの習癖が認められる場合は、マウスピース矯正などを実施する必要がなくなるよう、川越の矯正歯科までご相談ください。

そうすると、顔の形自体が移り変わりしていってしまうのです。

ですので、川越の矯正歯科に、こうした主訴で来院されてきたお子様にそれに対しは、舌突出癖のような口腔習癖がないかを聞く事にしています。

最初に第一に挙げられるのが、開咬と呼ばれる歯列不正です。

川越の矯正歯科では、舌突出癖のこうした弊害についても、整然と解説してくれる事でしょう。

▽舌突出癖は発音を悪くする事もある

舌突出癖では、舌が当たり前の人よりも前にある事がそんなにです。

それだけに、できるだけ早期に治療してあげる事が大切なのです。

開咬だと、いつも口が開いている状況なので、口腔内がとても乾かすします。

歯列不正を引き起こすきっかけに、舌突出癖というものがあります。

これは文字通り、舌を前方に突き出す癖で、お子様がよくやっている口腔習癖と言えます。

川越の矯正歯科でも、開咬を治すために、歯列矯正を要望する患者さんが数多くいらっしゃいます。

なお、歯列不正も定着していく事でしょう。

どれも、歯列不正の大御所といった感じですね。

このステータスを改善しなければ、発音にも影響が出る事もあります。

川越の矯正歯科でも、この舌突出癖で歯並びが悪くなってしまったお子様が来院してきています。

他にも、食事のときにクチャクチャと音を立ててしまう事もあります。

▽顔貌が変わってしまう事もある

舌突出癖を放置しておくと、願貌が移り変わりする事さえあります。

特に、お口の周囲や舌の筋肉を鍛える事によって、舌が正しいスポットに留まれるように改善する事が可能なのです。

川越の矯正歯科では、実のところにそうした事例もある事でしょう。

それ以外、舌突出癖は出っ歯や受け口といった歯列不正も引き起こします。

具体的な手段については、川越の矯正歯科などで習ってみてください。

この舌突出癖のひとつの治療法としては、筋肉を鍛える手段があります。

▽舌突出癖はどのような歯列不正を引き起こすの

では、舌突出癖を放置しておくと、如何にいった形で歯並びが悪くなっていくのでしょうか。

お口の中の乾かすは、虫歯や歯周病を誘発したり、口臭のきっかけともなるので用心が必須です。

ですから、舌を前に突き出す癖が慢性化していくと、顎の骨もそれに組み合わせて発育していく事となるのです。

進化途中のお子様のお顔というのは、その時に受けている刺激に順応しようとします。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.