川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

指しゃぶりが歯並びに及ぼす影響について

子供にはいろいろな習癖があるものですが、川越の矯正歯科や歯医者がとくに気を付けて注目しているのは口腔習癖についてで、お口の習癖がある場合には歯並びだけでなく、顎の発育にも大きく影響することがあるため、川越の患者さんにはきちんと説明している歯医者が多いことでしょう。

口腔習癖と言われても、すぐにどんなものなのかはピンと来ないかもしれませんが、川越の矯正歯科で患者さんへの説明する上では、指しゃぶりや舌を前方へ突き出す癖などを代表例として、川越の患者さんにお伝えしていることでしょう。

たかが指しゃぶりや舌突出癖で歯並びが乱れたり、顎の発育が阻害されたりするなど夢にも思わない方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に川越の歯医者にいらっしゃる川越在住の患者さまの中には、そうした口腔習癖が原因で矯正治療を必要としているケースが珍しくないのです。

ただ、俗に考慮すると、なぜ指しゃぶりなどの癖を治さなければいけないのかと質問に思われるかもしれません。

特に小児歯科を専門としている川越にある歯科では、口腔習癖の治療を普段的に行っているクリニックもあるはずです。

実のところ、川越の歯科でも、そうした質問を歯医者に投げかける患者様もいらっしゃる事でしょう。

そんな訳で今度は、小児の口腔習癖とその治療について細かいところまで紹介していきたいと考えます。

▽歯列不正が生じるのを防ぐ

川越の歯科で指しゃぶりを治療する第一の所以は、歯並びが悪くなるのを防ぐ事です。

あるいは周囲の友達や兄貴などが、指しゃぶりをしているのを見た経験はある事でしょう。

あるいは、いつも口をポカンと開けているお子様も川越の歯科には来院してくる事でしょう。

しかしながら、指しゃぶりなどを癖を治すのは、ご両親による教育が最も望ましいテクニックであるともいえるのです。

理由を言えば、川越の歯科で治療器具などを用いて無理やりやめさせるよりは、信用係りが築かれているご両親に理屈で説得させられる方が、お子様にとっても良い影響があるといえるからです。

ただ、川越の歯科などで指しゃぶりを治療する要因には、歯列不正という具体的な悪影響を取り除くという目的があるのです。

川越の歯科では、こうした口腔習癖についての治療を施す事も滅多にはないです。

皆様も幼少ご時世、指しゃぶりなどの口腔習癖があったかもしれません。

当然、指しゃぶり自体、風情があまり良くないものですし、小学校に上がってもそして続いていたら、周囲の視線が気に掛かるかと考えます。

こうしたもの以外にも、豊富にの癖が影響していますが、その都度、川越の歯科では着想を凝らして治療を進めている事でしょう。

ともあれ、たかが指しゃぶりとは考慮しずに、お子様の歯列不正に悩まれている方は、真っ先に川越の歯科にでも折衝してみてはどうでしょうか。

そうした癖もその実歯列不正を招きますので、川越の歯科では治療の対象とする事があります。

▽他にの歯列不正について

歯並びを悪くする口腔習癖には指しゃぶり以外にも何個か影響しており、川越の歯科では各々に異なる応対を行っています。

一例を挙げれば、舌を前方へと突き出す仕草を繰り返しているお子様がいらっしゃいます。

ですから、川越の歯医者に限定しず、全国の矯正歯科や小児歯科などで、専門の器具を使った治療が実施されています。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.