川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

抜歯をせずとも歯並びは矯正できる?

乱れた歯並びを改善したいという主訴で、川越の矯正歯科を受診される患者さんは、歯列や顎の骨の形態などに何らかの問題を抱えているものですが、歯列矯正を行う際に必ずしも健康な歯を抜かなければならないというわけではありません。

というのも、出っ歯や乱ぐい歯などを治すためには、必ず便宜抜歯と呼ばれる処置が必要となると誤解されている患者さんも川越の矯正歯科にはいらっしゃいますが、実際はそうではなく、川越にお住いの患者さんのお口の状態によっては、便宜抜歯を行わなくても歯並びの乱れを改善できることがあります。

確かに、歯並びが乱れているということは、歯列という限られたスペースに不足が生じている状態ですので、第一小臼歯などを抜歯することで歯を移動させるスペースを確保するのが確実といえますが、川越の矯正歯科では無理に抜歯をせずとも歯列矯正を行えるのであれば、抜歯を避けることもあります。

やはり、天然の歯というのは何にも代えがたいものであり、どんなに優れた補綴物を歯列内に入れたとしても、天然の歯にかなうことはありませんので、川越の矯正歯科ではできる限り患者さんの大切な天然歯を残せる矯正治療の計画を立てようと努力するものです。

あるいは、治療が完了するまでに時が必要になる事もあるでしょう。

皆さん、悩まれている歯列不正の種類は異なるのですが、結局共通して佇まいの悪さを訴えていらっしゃいます。

他に、歯を削る事で、歯並びを良く見えるようにする技術もあります。

お子様の顎の骨はまだ発育途中にあるため、矯正器具などを用いる事で、その奥行きを広げる事ができるなのです。

川越の矯正歯科でもそうですが、できるだけ負担の少ない治療法をチョイスすると、それだけ歯を動かす影響も低くなっていく性質があります。

現在まで重要に使ってきた歯を、病にもなっていないのに抜くなんて承知できないとおっしゃる患者さんも、川越の矯正歯科には来院されてきます。

抜歯するのは、まだ虫歯になっていない第一小臼歯などです。

では、矯正治療で抜歯処置が必須と決断された場合では、抜歯処置なしで治療を進める事は無理なのでしょうか。

では具体的に、抜歯をしないで歯を並べるスペースを確保するには、如何にいった治療法が考慮しられるのでしょうか。

詳細については、川越の矯正歯科に照会てみてはどうでしょうか。

真っ先に、顎の骨を広げるという手段があります。

▽治療法にはいくつかの選択の余地がある

川越の矯正歯科でもそうですが、ひとつの事例には、たったひとつしか治療法がないわけではないのです。

当然、ご飯が食べにくいとか、声を出しにくいといった歯痒さを抱えていらっしゃる患者さんもいらっしゃいます。

ただ、多くの事例で抜歯処置を必須とする事があります。

矯正治療には数多くの選択の余地があり、患者さんの口腔内のステータスやお願いなどを踏まえた上で、どれを選り抜くか決めていきます。

川越の歯科では、お子様にそれに対し小児矯正というものを施しています。

▽抜歯処置を受け入れる事ができないケース

毎年、川越の矯正歯科には、歯列不正に葛藤するいろいろの患者さんが到来ます。

ですから、現実に抜歯が嫌だという患者さんには、さらに別の技術で歯列不正を治す試みをしていく事になります。

その場合、川越の矯正歯科では、歯列矯正における抜歯処置に意義をキッチリと解説するのですが、必然的に受け入れる事ができない場合もあります。

しかし、最終的な治療結果は異なってくる事でしょう。

これはだいたい、川越の歯科でもお子様にそれに対し行われている治療法です。

そうしたたくさんな症例に反対に、川越の矯正歯科では各々に適した矯正治療を助言してくれる事でしょう。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.