川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

成長期に矯正治療を受ける意義について

矯正治療といえば、子どもの頃に受けた方が良い、もしくは子供の頃に受けなければならない、というイメージをお持ちの方が多く、川越の矯正歯科にも小さなお子さま連れの親御さまがお越しになりますが、実際のところ本当に子どもの頃に受けた方が良いのか知りたい方も多いことかと思います。

まず、矯正治療には川越の矯正歯科でも行っている小児矯正というものがあるように、小さなお子さまが受けることが多く、実際、発育途上にある状態の方が効果的に歯を動かしたり、顎の発育を正常な方向へと誘導したりすることができますので、川越の矯正歯科でも小児矯正はおすすめしております。

かといえって、成人してから矯正治療を受けても効果がないというわけではなく、川越の矯正歯科では成長期を終えた患者さまにもいろいろな方法で歯並びを改善する処置を施していますし、あくまで効果的であるかどうかの違いである点を知っておいてください。

とはいえ、矯正治療後の後戻りが少なかったり、骨格的に大きな問題を抱えていたりするようなケースでは、まだ成長が続いている時期に適切な矯正治療を施した方が矯正による効果が大きいことは間違いないので、川越の矯正歯科でもその点を患者さまにしっかりとお伝えしております。

それだけに、川越の矯正歯科でも、小児矯正を受けに来る患者さんが後を絶たないのでしょう。

つまり、年齢が上がるほど、矯正可能な症例が少なくなっていくと思い描く事ができます。

▽小児矯正ではお子様にもキッチリと解釈してもらう事が大事!?川越の矯正歯科で小児矯正を受ける患者さんもそうですが、ご両親のお願いで治療を開始する時が大いにあります。

ですので、川越の矯正歯科でも、お子様に対する解説も懇切細心の注意をもってに行っているクリニックが多々ある事かと考えます。

そうした時、お子様が嫌々治療を受ける事もありますので、配慮が必須になります。

理由を言えば、治療を受けている本人が習得を示していなければ、結果的に、矯正治療が間違いに終わる事もあるからです。

とどのつまり、歯列矯正を行うのであれば、伸びる期の真っただ中の方が好ましいのです。

川越の矯正歯科にもよくいらっしゃるパターンですが、受け口や出っ歯で、骨格自体に問題がある時は、単に歯を動かしただけでは歯列を矯正できません。

そのような趣旨では、小児矯正で治せる歯列不正は大いに多く、治療影響もかなり大きいと言えるのです。

▽小児矯正の良いところとは?それでは、小児矯正の長所について、わかりやすくご解説したいと考えます。

成人になると、顎のランクアップは止まっていますから、抑制や促進といったコントロールができないのです。

おそらく、川越の矯正歯科などでも、こういった治療の解説が行われている事かと考えます。

もしもそれを、進化期を終えた患者さんに行ったとしても、最早遅いと言えます。

これが、小児矯正のマックスの長所と言えるでしょう。

成人になってから矯正治療を受けても良いのですが、とどのつまり発展期に行う方が治療成果が高いのです。

こういった時では、顎のレベルアップを抑制したり、時によっては促進したりして、歯列全部の矯正を行っていくのです。

さて、小児矯正の良い面についてですが、最初に第一に、お子様であれば、顎の骨がまだ伸びるし切っていないという特色を挙げる事ができます。

川越の矯正歯科では、毎年豊富にのお子様が矯正治療を要望して、来院してきます。

理由を言えば、小児矯正を受けるお子様本人にしろ、ご両親にしろ、小児矯正の長所が明確にわかっていなければ、治療に踏み切ろうという想いにはなりませんからね。

ちょくちょく、顎自体の移り変わりが伴わなければ、キッチリとした歯列を取得できない事があるのです。

歯列矯正というは、単に歯を動かすだけではないのです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.