川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

小児矯正を受けるメリットとデメリット

小児矯正というのは、小さな頃から受ける矯正治療で、主に発育期にあるお子さまが対象となりますが、親御さまとしてはそうした多感な時期に川越の矯正歯科で矯正装置を装着されることに抵抗を覚えるかもしれませんよね。

確かに、矯正装置というのは全般的に目立つような作りになっていますし、しゃべる時とものを食べる時などに不自由を感じることがあり、自分の子どもにそうした辛い思いをさせたくはない、という気持ちで川越の矯正歯科に相談を持ち掛けてくる患者さまは少なくありません。

それでも、子どもには歯並びがきれいになってほしいから、できるだけ負担の少ない方法で小児矯正を行えないか、という希望をお伝え頂けることも多く、川越の矯正歯科ではそうした患者さまのご要望をできる限り治療に反映させるように努めております。

実際、取り外すことができる矯正装置は、小児矯正でも活用できますし、装着時もできるだけ目立たず、装着感も良好な装置を選択することも可能であり、まずは川越の矯正歯科でいろいろな選択肢があるということをお伝えするようにしております。

向上というのは、人各々異なるものですから、一概には言えませんが、小児矯正は永久歯が生え開始出来たくらいから開始するのが良いと言えます。

そうなのです。

一例を挙げれば、骨格も伸びるしきってしまうと、そこに埋まっている歯を動かすのは大変そうではないですか?そういう事もあり、川越の矯正歯科でも、小児矯正を勧めている所が多々あるかと考えます。

それは、小児矯正と成人矯正です。

▽小児矯正ってなに?

皆さんは、矯正治療と聞くと、如何なるものを思い浮かべますか?多くの人は、歯の表面に金属製のワイヤーを取りつけるワイヤー矯正を思い浮かべるのではないでしょうか。

この期間であれば、顎の骨自体を矯正する事もできるですから、適度に大きな治療成果を得る事が可能なでしょう。

歯列矯正というのは、どっちかと言えば我が子の頃に行われるものなのです。

他にも、そのワイヤー矯正を初めて見るのは、小学校や中学校の仲間の口元かと考えます。

その後、全部の永久歯が生えそろう14歳くらいまでには、小児矯正を終えられるようにやりたいものです。

▽何故娘の頃に矯正するの?

近頃では、成人矯正も一般化してきているので、川越の矯正歯科でも、アダルトになってから歯の矯正をする人が増加してきています。

つまり、小児矯正というスペシャルな名前がついていますが、一般的な矯正治療の事を指しているとも言えるのです。

小児矯正についてしかも突っ込んで知りたい方は、川越の矯正歯科に直接照会てみましょう。

このうち、我が子に反対に行われる小児矯正について、ちょっと突っ込んでご解説していきます。

理由を言えば、矯正治療では骨に埋まっている歯を動かすわけですから、可能なら進化がまだ止まっていない娘の頃に、行ってしまう方が望ましいからです。

それなら、我が子の頃に治療を受けなくても良い気がしますよね。

けれども、矯正治療というのは、そう単純なものではないのです。

ですので、川越の矯正歯科でも、お子様の患者さんが豊富にいらっしゃいます。

具体的には、6歳くらいからですね。

川越の矯正歯科でも行われている矯正治療は、大きく2つに分ける事ができます。

川越の矯正歯科でも、このくらいのポイントから小児矯正を受けてもらっているかと考えます。

▽具体的にはいつごろから着手するの?

では、「小児」と言っても、一体いつごろの年代を指しているのでしょうか。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.