川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

小児矯正を受けることで治療期間は短くなる?

適切な時期に矯正治療を始めることは、効率的に歯を動かす上で重要といえますが、そうして小さい頃から矯正治療を受けることに関して、メリットだけではなくデメリットもないのか心配になる方もいらっしゃりますし、その点について川越の矯正歯科ではしっかりお伝えするようにしています。

具体的には、矯正治療にかかる費用や全体の治療期間は、小児矯正を受けることによって、費用が高額になったり、治療期間が長くなったりするのではないかと思うかもしれませんが、川越の矯正歯科の矯正医からすると、それは必ずしも正しいことではないといえます。

確かに、混合歯列期から矯正治療を始めて、その後も歯列矯正で歯並びの仕上げを行うとなると、合計した治療期間は長くなるように思えますし、治療費も多くかかっているのではないかと不安になるかと思いますが、例えば川越の矯正歯科で小児矯正を適切に受けた場合はそうしたことにはなりません。

適切な小児矯正治療を受けることで、むしろ歯並びを整えるためにかかる治療期間は短縮できますし、生涯にかかる矯正治療費も安く抑えることができるケースが大半であることは、川越の矯正歯科では一般的となっているからです。

ただ間違いなく、長い間なる性質があります。

ですから、今後川越の矯正歯科で小児矯正を受けようと腹積もりている方は、こうした悪いところにも目を向けて、注意深いに吟味してみてはどうでしょうか。

私たちの顎は、15歳くらいまで伸びるを続けます。

最初に第一に、治療期間が長い間なるという悪い面を挙げる事ができます。

そんな訳で引っかかるのが、小児矯正の悪い面についてです。

これは、たくさんな要因からそうなるのですが、結果的にはあるべき姿の歯列に近づける事ができるとなるため、単に短所とは言えない面もあります。

川越の矯正歯科に折衝すれば、良い面と短所を組み合わせて、バランス良く解説してくれるかと考えます。

と言っても、これらの点は小児矯正に限定しず、矯正治療全般に言える事なので、それほど気にする必須はないかと考えます。

▽小児矯正は治療期間が長くなる?

川越の矯正歯科でも行われている小児矯正にも、実を言えば幾つの短所があります。

これだけ良い事尽くしの小児矯正では、やっぱり短所というものが影響するのでしょうか。

ただ、可能なだけ短期間に矯正治療を終えたいとい方には、悪いところとして映る事でしょう。

「歯を動かしやすくなるのに、何故治療が以前からずっとなるの?」と不思議に思われるかもしれませんね。

他に、治療期間中は佇まいが悪くなったり、虫歯になりやすくなったりするといった悪い面も影響しています。

実のところ、川越の矯正歯科でも、そうした質問をされてくる患者さんがいらっしゃる事でしょう。

矯正治療というのは、できるだけ早期に行った方が影響が高まります。

そして、歯も動かしやすくなるため、結果的に喜びのいく治療を受ける事が可能なでしょう。

ですから、一例を挙げれば10歳から小児矯正を開始出来たとしたら、その後5年近く治療を続ける事となります。

当然、川越の矯正歯科に来られる患者さんはケースバイケースですから、一概に治療期間が長い間なるとは言えません。

以上のように、小児矯正にも数多くの短所が影響しています。

▽成人矯正を受ける事もある

小児矯正には、成人してからもう一度、矯正治療を施すという場合もあります。

そのような事もあり、川越の矯正歯科でも、小児矯正を受けるお子様が毎年、数多く来院されます。

これは、小児矯正というものが、顎の進化とともに行われるからです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.