川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

外科矯正の治療期間はどのくらい?

矯正治療の中には、外科的な処置をメインとした「外科矯正」というものがありますが、川越の矯正歯科でもそうした外科矯正が必要な患者さまが受診されることもあり、外科矯正にはどのくらいの治療期間が必要になるのか質問を受けます。

まず始めに、外科矯正が必要となる症例というのは、川越の矯正歯科でも行っているワイヤー矯正のような歯列矯正では、主訴となっている症状を大きく改善することが難しいと思われるケースに適応されるため、極端な上顎前突や下顎前突などが適応症となります。

そのため、外科矯正にかかる治療期間というのは、川越の矯正歯科で実施しているマウスピース矯正やマルチブラケット法よりも長くかかるように思われがちですが、実はそういうわけではなく、場合によっては治療期間を大幅に短縮することが可能です。

というのも、外科矯正で行う外科処置は、長すぎる顎の骨を切除して短くするなど、歯並びの異常の原因をダイナミックに改善することが可能であり、なおかつ後戻りも少ないという特徴も兼ね備えており、治療期間を短くできることも少なくないのです。

川越の矯正歯科で行われている一般的な矯正治療は、数年の治療期間がかかります。

手術を行った後は、普通のワイヤー矯正を着手するものとお腹積もりください。

ですから、川越の矯正歯科でも、外科手術の後に、いつものワイヤー矯正を受けている患者さんが豊富にいらっしゃいます。

外科矯正とは、外科的な処置を施して、歯並びをよくする治療法です。

そんな訳で採り上げるのは、外科矯正の治療期間について、わずか突っ込んでご解説したいと考えます。

理由を言えば、顎の骨を切るという、かなり大規模な手術を施す事となるためです。

すると、治療期間もずーっとなったりしてしまうのではないかと、心もとないに思う点も出てくる事でしょう。

▽外科矯正という治療法について

川越の矯正歯科で受けられる矯正治療の中には、外科矯正という手法もあります。

ですので、川越の矯正歯科にも、外科矯正を受けにくる患者さんが一定数いらっしゃる事でしょう。

実のところ、外科矯正のそんなにの場合では、治療の前後で入院が不可欠となります。

ですから、手術も含めた入院期間というのは、2週間程度必要になるものとお心積もりください。

これは、ワイヤーとブラケットを使用して、歯を動かすためです。

入院2週間というのは、そこそこに長い時のように思えますが、これによって、歯列が大きく改善する事を心積もりたら、それほど大きな短所には感じられなくなるかもしれません。

おっしゃる通り、一般的な矯正法と対比して、外科矯正は治療期間が短くなる性質があります。

気に掛かるのは、その2週間で、治療が全部完了するか如何にかですね。

結局、歯並びはワイヤー矯正によって、びしっと治していく必須があるのです。

けれども、外科矯正というのは、外科的処置だけで治療が終わるわけではないのです。

けれども、外科矯正と聞くと、かなり大規模な治療を心象するかと考えます。

この技術を用いれば、かなり悪い歯並びも、劇的に改善する事ができると言えます。

一方、外科矯正であれば、顎の骨自体を切ったり、動かしたりするので、それほど時がかからなそうですよね。

つまり、川越の矯正歯科で外科矯正を受けるケースは、入院施設が整っているクリニックでなければならないという事になりますね。

▽外科矯正では入院が必須?

外科手術となると、入院措置が必須となりそうですね。

▽手術して終わりなの?

さて、外科矯正は、手術も含めて2週間ほどの入院が必須となります。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.