川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

ワイヤー矯正に使用するブラケットの種類について

ワイヤー矯正といえば、川越の矯正歯科でも一般的に行われている歯列矯正ですが、ほとんどの人は、金属製のワイヤーと金属製のブラケットを思い浮かべるかと思いますが、実際はブラケットやワイヤーにもいろいろな種類がありますので、必ずしも矯正治療中に口元の見た目が悪くなるというわけでもないのです。

昔ながらのワイヤー矯正なら、ブラケットもワイヤーも銀色をした金属ですので、笑った時などについつい目立ってしまうため、川越の矯正歯科にいらっしゃる患者さんもその点を心配して矯正治療を受けるかどうか迷われるケースも珍しくありません。

けれども、最近の川越の矯正歯科では、金属製のワイヤーやブラケットだけでなく、セラミックなどを活用した目立ちにくい材料もありますので、川越の矯正治療を受けている期間中に口元の審美性が著しく低下するということもなくなってきています。

そうしたセラミック製のブラケットは、川越の矯正歯科で装着してみてはじめて審美性の高さを実感できるものですし、まずは実物を目で見ることをおすすめしますので、気になる方は是非、一度川越の矯正歯科を受診して、無料のカウンセリングなどを受けてみてはいかがでしょうか。

川越の矯正の歯医者が丁寧にブラケットやワイヤーについて説明してくれるだけでなく、患者さんのお口の状態や適した矯正治療方についても助言してくれることかと思います。

・歯への貼り付けが容易なので、どんな歯でも付けやすい。

矯正装置というと、とどのつまりブラケット装置が最初に頭に浮かぶかと考えます。

1)メタルブラケット・・・ブラケットが金属製のもの。

2)セラミックブラケット・・・ブラケットがセラミックのもの。

<良いところ>メタルと相違、白色または半透明に近いため、際立たない。

けれどもその実、ブラケットには2つの種類が影響しているのです。

一方、セラミックブラケットは目立ちにくいため、審美性は高いです。

1つは、先ほど述べたような金属製のブラケットですね。

ただ、メタルブラケットは金属で出来ていますので、風情が悪いという悪い面があります。

そんな訳で今度は、ブラケット装置の種類について、わずか細かいところまでご解説したいと考えます。

そういう長所があるため、川越の矯正歯科でも、メタルブラケットがメインとなっていると言えます。

川越の矯正歯科では、こうした各々の良いところと短所を勘案して、治療方針を立てるようにしています。

▽各々の良い面・短所について

メタルブラケットに関しては、最初に経費が安価に済むという長所があります。

なお、歯に貼り付けさせるのも容易ですし、強い力で歯を動かす事ができるです。

アーチワイヤーは金属を使用する事が多々あるが、白いワイヤーを用いると更に際立たなくなる。

遠目には殆ど分からない。

ですから、その名称もセラミックブラケットと呼ばれています。

川越の矯正歯科では、この双方の治療法を行っているクリニックがいろいろありますし、患者さんのお口のステータスによって、もしくは患者さん自分の要望によって、どっちかを選択する事になります。

<悪いところ>メタルブラケットよりも大きく、高さもあるため口腔内(特に唇)への不自然さ(ぶつかる、すれる)が大きい。

その分、総額はわずか高くなってしまいます。

実のところに、メタルブラケットで歯列矯正を行っている患者さんも数多にいらっしゃいます。

では、各々のブラケットには、如何にいった良い面と悪いところがあるのでしょうか。

<悪いところ>・色が金属色のため、際立つ。

メタルに比較して、歯の動きが遅い事がある。

・たいてい、料金もお薦め安価に設定されている事が多々ある。

メタルブラケットは、川越の矯正歯科の多くで採用されている矯正装置です。

<良いところ>・金属(銀色)のため色的には際立つが、ブラケット自体の大きさは小さいため口腔内や唇への不自然さ(苦しみ)はナンバーワン少ない。

川越の矯正歯科に来院される方も、開始出来から金属製のブラケットを装着する事を前提で、矯正治療を受けに来る場合も滅多にはないのです。

第二に、もう1つのブラケットについてですが、こちらは金属ではなくセラミックで出来ています。

料金はメタルブラケットよりも高く設定されている事が多々ある。

・歯が動きやすい。

それ以外、金属と比較してセラミックの方が歯を動かしにくいという悪いところも影響しています。

これを専門的にはメタルブラケットと呼びます。

▽ブラケット装置は大きく2つに分ける事が可能

もしかしてブラケット装置というのは、金属製のものという印象が固定化されているかもしれませんね。

プラスチックの透明or乳白色のブラケットもあるが、剛性の高いセラミック製の乳白色ブラケットがメイン。

風情に目に付く前歯のみにセラミック製を用いる事が多々ある。

川越の矯正歯科でも、このブラケット装置を用いた治療を受けている患者さんが数多くいらっしゃいます。

金属製のワイヤーとブラケットと呼ばれる装置を用いて歯列矯正を行うものです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.