川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の治療手順の違い

川越の矯正歯科ではいろいろな種類の矯正法を取り扱っており、ご来院いただいた患者さまのお口の状況に応じて最善といえる方法をご提案しているのですが、やはりワイヤー矯正やマウスピース矯正を選択される患者さまがほとんどといえます。

どちらもポピュラーな矯正法といえますし、川越の矯正歯科でもたくさんの患者さまに治療を実施してきましたが、治療の手順についてはあまり知らない方も多いようです。

とくにマウスピース矯正に関しては、透明なマウスピースを使って歯並びを整えていくということはわかっていても、どのような手順や方法で治療を進めていくのかは、川越の矯正歯科で説明されて初めて知る方が大半といえます。

ワイヤー矯正に関しても、意外に知らない部分も多く、川越の矯正歯科に矯正相談でお越しいただいた方には、マウスピース矯正も含めて、治療の手順や治療期間、費用などを細かくご説明しております。

理由を言えば、この時点で歯科ドクターと患者さんとの間で、考えの不一致や治療に対する認識の差が生じていると、数年間の矯正治療が無意味に終わってしまう確率もあるからです。

ここで得られる情報によって、今後の治療方針などが決まっていくのです。

川越の矯正歯科でも、この心理コンサルティングというプロセスをとても大事にしているクリニックが多々あるかと考えます。

ですので、矯正治療の心理コンサルタントでは、双方悔やみのないよう、見過ごせない点は全部話し合っておく方が好ましいと言えます。

初診折衝とも呼ばれている心理コンサルティングでは、患者さんから質問に思っている事などを何でも質問できますので、前もってに何を聞くのか心積もりておくと良いでしょう。

加えて、心理コンサルタントでは、今後行われる矯正治療の大まかな流れや使用する矯正装置、それから治療に必要になる経費などについて、かなり綿密に解説を受ける事ができます。

これは、動かした歯を元にもどさないためのもので、川越の矯正歯科でも絶対行われるものです。

▽ようやく矯正装置をはめる

川越の矯正歯科でも、こうして一通りの下拵えが整ったら、ようやく矯正装置を装着します。

その上、治療方針が決まったら、再び患者さんと話し合って、ついに治療を開始していきます。

▽精密検査でお口の状況を調べる心理コンサルタントが終わると、精密検査へと移ります。

と言っても、この期間中も決まった的に川越の矯正歯科なり、患者さんが治療を受けているクリニックへ通院する事となります。

▽心理コンサルティングで情報を共有する

川越の矯正歯科をスタート出来、矯正治療を行っているクリニックでは、最初に来院された患者さんに反対に心理コンサルティングを行います。

具体的には、レントゲン写真などを撮影して、患者さんのお口の状況を克明に見ていきます。

その後、矯正装置を用いた治療が終わると、最後に保決まった間というものがやってきます。

この装置をはめて、2年前後を過ごす事となります。

通院ペースは患者さんによって色々ですが、およそ1ヶ月に1回程度を指標としてみてください。

矯正治療というと、何となく治療期間が長いという印象しかない方もいらっしゃる事でしょう。

矯正装置をはめて数年間の治療を受けるという認識でも間違いではないのですが、あと一歩詳細に治療の流れについて見てみましょう。

川越の矯正歯科でも、この精密検査に不可欠となる頭部X線規格写真を撮影する装置などを据え付けしているクリニックが数多くあります。

最も一般的なのは、ワイヤーとブラケットを用いた矯正装置です。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.