川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マルチブラケット装置の利点と欠点について

川越にお住いの方で、今現在、矯正歯科でのマウスピース矯正ではなく、ワイヤー矯正を検討されている方なら「マルチブラケット」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

マルチブラケットというのは、いわゆるワイヤー矯正の代表的な装置で、ブラケットと呼ばれるパーツを歯の表面に接着させるのが大きな特徴であり、川越の矯正歯科のマウスピース矯正との大きな違いであるともいえます。

そんなマルチブラケット装置によるワイヤー矯正というのは、川越の矯正歯科のマウスピース矯正にはない利点と欠点がありますので、今回はそれらの点について詳しくご紹介します。

始めに、マルチブラケットとマウスピース矯正を比較した場合の利点についてですが、これは川越の矯正歯科でもお伝えしているように、ワイヤー矯正であることから幅広い症例に対応することが可能です。

具体的には、矯正装置をはめた状況でもびしっと磨き残しのないようなブラッシングが可能なよう、指導してくれるはずです。

それから川越の矯正歯科でも時々起る事でしょうが、矯正治療中は歯根が吸収する事もあります。

ワイヤー矯正は、川越の矯正歯科でも行われている治療法ですが、一体どれほどの良いところと短所があるのでしょうか。

ワイヤー矯正では、弾力性の高い金属製ワイヤーを影響的に使用するため、歯を意識し通りの位置に動かしやすいのです。

言うまでもなく、ワイヤー矯正も一般的な歯列矯正法ですから、数年必要になる事は滅多にないのです。

そのような中でも、治療期間がわりと短くなり、低コストな値段で歯列矯正を完了させられるテクニックといえます。

コストに関しても、川越の矯正歯科に限定しず数十万から百万円程度はかかります。

この点は、患者さん本人が整然とケアしなければ、歯列矯正どころか、健康な歯が虫歯になって、より大きな問題が生じる事となります。

患者さんもワイヤー矯正を受けて良かったと感じている事でしょう。

これは治療の特性上、避けられないものなので、川越の矯正歯科でも患者さんに賛同してもらえるよう、丹念に解説している事でしょう。

真っ先に、ワイヤー矯正の長所についてですが、治療期間が短くなるという点を挙げる事ができます。

磨き残しも増加し、矯正治療を開始する前よりも虫歯や歯周病にかかりやすくなるという悪いところもあるのです。

実のところ、川越の矯正歯科ではこれまで、このワイヤー矯正を用いて歯列を美しいに治した患者さんが山のようにいるはずです。

ワイヤー矯正は金属製のワイヤーとブラケットを装着するため、口元の審美性が低下します。

そのような事から、矯正治療中は決まった頻度で歯科クリニックに通う事が求められます。

この点に関しては、川越の矯正歯科でも治療を幕開けさせる前に、患者さんに十分に助言してくれるかと考えます。

他にも、ブラケットやワイヤーが装着されていると、定期的の歯磨きがとてもやりづらくなります。

ではその一方で、ワイヤー矯正にはどれほどの短所があるのでしょうか。

川越の矯正歯科でも、最もポピュラーな矯正法になっている事でしょうし、とても優れた技術といえるのです。

これが歯を動かす上で不可欠な吸収であれば全く問題ないのですが、病的なものであれば直ちにに処置する不可欠があります。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.