川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マルチブラケット法の特徴や種類

川越の矯正歯科では、マルチブラケット法と呼ばれる矯正法を多くの患者さまに施術しておりますが、その特徴や種類についてはあまり詳しくない方がほとんどかといえます。

といっても、マルチブラケット法はいわゆるワイヤー矯正なので、治療の大まかな内容はご存知のことかと思いますが、川越の矯正歯科では、ブラケットにもいろいろな種類をご用意しております。

例えば、最も標準的なブラケットは金属製のメタルブラケットであり、それを用いてワイヤー矯正を行う人が非常に多くはなっていますが、川越の矯正歯科では歯と同じ色をしたものや透明なタイプもご用意しております。

というのも、ワイヤー矯正の欠点として装置が目立ちやすいという特徴があり、そうした欠点を補う方法として川越の矯正歯科のメタルではないブラケットを選択するのも良い解決法といえるからです。

金属製のワイヤーとブラケットと呼ばれる装置を用いて歯列矯正を行うものです。

さらに、歯に留めさせるのも容易ですし、強い力で歯を動かす事ができるです。

矯正装置というと、結局ブラケット装置が最初に頭に浮かぶかと考えます。

他に、金属と比較してセラミックの方が歯を動かしにくいという悪い面も影響しています。

ですから、その名称もセラミックブラケットと呼ばれています。

実のところに、メタルブラケットで歯列矯正を行っている患者さんも数多くいらっしゃいます。

その分、経費はわずか高くなってしまいます。

続いて、もう1つのブラケットについてですが、こちらは金属ではなくセラミックで出来ています。

これを専門的にはメタルブラケットと呼びます。

けれどもその実、ブラケットには2つの種類が影響しているのです。

▽各々の良いところ・悪い面についてメタルブラケットに関しては、真っ先にコストが安価に済むという良い面があります。

▽ブラケット装置は大きく2つに分ける事が可能

もしかしてブラケット装置というのは、金属製のものという印象が固定化されているかもしれませんね。

では、各々のブラケットには、如何にいった長所と悪い面があるのでしょうか。

メタルブラケットは、川越の矯正歯科の多くで採用されている矯正装置です。

ただ、メタルブラケットは金属で出来ていますので、スタイルが悪いという悪いところがあります。

川越の矯正歯科でも、このブラケット装置を用いた治療を受けている患者さんがいろいろいらっしゃいます。

そんな訳で今度は、ブラケット装置の種類について、わずか突っ込んでご解説したいと考えます。

一方、セラミックブラケットは目立ちにくいため、審美性は高いです。

川越の矯正歯科に来院される方も、開始出来から金属製のブラケットを装着する事を前提で、矯正治療を受けに来る時も滅多にはないのです。

そのような良いところがあるため、川越の矯正歯科でも、メタルブラケットが多数派となっていると言えます。

川越の矯正歯科では、このいずれもの治療法を行っているクリニックが数多くありますし、患者さんのお口のステータスによって、もしくは患者さん本人の要望によって、どっちかを選択する事になります。

川越の矯正歯科では、こうした各々の良いところと悪いところを勘案して、治療方針を立てるようにしています。

1つは、先ほど述べたような金属製のブラケットですね。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.