川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マルチブラケット法ってどんな矯正法?

川越の矯正歯科では、ご来院いただいた患者さまそれぞれに最適といえる歯列矯正をご提案しており、最初のカウンセリングをしっかりと行うことで患者さまが矯正治療に何を求めているかも正確にヒアリングさせていただきます。

その上で事前の精密検査を行い、適用できる治療法などを選択し、最適といえる治療計画を立案致しますので、歯並びのことでお悩みがございましたら、まずはお気軽に川越の矯正歯科までご来院ください。

川越の矯正歯科では、歯列矯正の中でも最もポピュラーなマルチブラケット法も行っておりますので、歯並びを矯正用ワイヤーとマルチブラケットを用いて行いたいという方はぜひ当院のカウンセリングを受けてみてください。

マルチブラケット法とはどんな矯正法なのかについてはもちろんのこと、ワイヤーを使って歯並びをどのように改善していくのかなども詳しくご説明いたしますので、マルチブラケット法の詳細を知りたい方は是非ともご来院ください。

この歯と歯の空きを歯科用レジンを使って埋める事が可能なのです。

これが歯科矯正における、ダイレクトボンディング法の応用例と言う事ができます。

実のところ、川越の矯正歯科には、「すきっ歯」をどうにかやりたいという患者さんがふんだんに来院されてきます。

▽材料は歯科用レジン

最初に、ダイレクトボンディング法に用いられる具材についてです。

手軽にに言えば、たくさんな形に変形される事が可能なプラスチックです。

▽歯に直接盛り足していく!?

ダイレクトボンディング法は、この歯科用レジンを歯に直接盛り足していく事で、治療を進めていきます。

ですので、他の歯との均衡がなくなり、お口概要の審美性を低下させる事があるのです。

ダイレクトボンディング法では、歯科用レジンと呼ばれる原材料が用いられます。

なお、本質的には歯列矯正できていないため、形だけの矯正と言えます。

ですから、川越の矯正歯科でも、たくさんな治療で応用している事と考えます。

川越の矯正歯科でダイレクトボンディング法を受ける場合にも解説を受けるかと考えますが、歯科用レジンは時が経つと、変色してきます。

必須なのは、ダイレクトボンディング法は、いわゆる矯正治療とは異なるという事を習得する事です。

色や質感が天然の歯に近いため、この歯科用レジンはかなり役立つされています。

ダイレクトボンディング法の悪いところは?こう聞くと、ダイレクトボンディング法は、矯正治療などよりも、かなり有用な治療法に思えますが、短所も影響しています。

本当は、歯科用レジンというのは、虫歯治療など、たくさんな場面で使用されているので、ご存知の方も多々ある事でしょう。

ですから、普通の矯正治療を受けるには、時が足りなかったり、もしくは総額の面で不都合がある事例には、安価に、他にも早く治療が可能なダイレクトボンディング法を選択する患者さんもいらっしゃいます。

川越の矯正歯科でも行われる事があるダイレクトボンディング法ですが、具体的には如何にいった治療法なのでしょうか。

この点に関しては、川越の矯正歯科の先生とキッチリと議論を重ねた上で、治療法を選択した方が良いかと考えます。

これは、川越の矯正歯科に限定しず、ダイレクトボンディング法では共通して用いられる具材です。

例を挙げると、前歯と前歯の間に空きができていて、いわゆる「すきっ歯」と呼ばれる症状が出ていたとしましょう。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.