川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マルチブラケットを用いた矯正治療の流れ

川越の矯正歯科に通われている方は、もしかしたらこれまでにむし歯治療などを受けたことがないケースもあるかもしれませんので、マルチブラケットやマウスピース矯正の手順なども知らない方がほとんどでしょう。

なぜなら、マウスピース矯正やマルチブラケットを用いた川越の矯正歯科の施術法というのは、一般の患者さまにはまだまだ治療の流れ等が認知されていないので、少しでも詳しく知りたいと考える方も多いことでしょう。

とはいうものの、川越の矯正歯科のマウスピース矯正であれば、ある程度の治療の流れのイメージは沸きますが、マルチブラケットに関してはそうはなかなかいかないものです。

そこでまずマルチブラケットと川越の矯正歯科のマウスピース矯正との決定的な違いについてですが、これは固定式か着脱式かの違いという点に尽きることかと思います。

しかし、治療が困難な症例では、加えて長い時が必要になる事もあります。

普通でも数年は必要になる治療ですので、スタート出来の治療方針を決断するプロセスはとても大切であるといえます。

この保定という期間が他にも1、2年不可欠になってきます。

ただ、川越の矯正歯科でもそうですが、おおかたのクリニックでは治療前の検査や所見をちゃんと行っていますので、治療が大きな間違いを迎えるという事は真っ先にないでしょう。

なお、川越の矯正歯科のように、矯正を専門に行っているようなクリニックには、セファロというスペシャルな写真を撮影する装置もあります。

そうして時をかけて歯を動かしたら、続いて保定という期間に入ります。

川越の矯正歯科に来院されている患者さんも驚かれますが、ワイヤーとブラケットをはめている期間だけが矯正治療の全部ではないのです。

矯正治療で動かした歯は、デフォルトにしておくと徐々に元の位置に戻っていってしまうのです。

ですから、保定装置をはめる事で、その後戻りを防止しなければならないのです。

もしも虫歯や歯周病などの異常が見つかったケースは、矯正治療に入る前にそれらを治さなければなりません。

もしもこの時点で間違いが生じてしまうと、数年後に取り返しのつかない結果が待っている事もあるからです。

では具体的に、川越の矯正歯科などでは、どれほどの検査を行っているのでしょうか。

川越の矯正歯科でも行われているワイヤー矯正は、1、2ヶ月で終わるような短い治療ではないのです。

やはり時をかけて歯を動かしたのですから、支障がなければ一生、その素敵な歯列を維持やりたいですよね。

川越の矯正歯科でもよくある質問ですが、矯正治療には一体どれだけの時が必要になるのでしょうか。

ワイヤー矯正では、治療を開始する前にちゃんととした検査を行う不可欠があります。

このセファロの写真をもとに、今後どんな感じでして歯を動かしていけばよいのかを決めて行くのです。

ワイヤーを着手するにあたり、真っ先にお口の中に虫歯や歯周病などがないかを検査します。

そうして治療方針が判断したら、矯正装置を装着して、長い矯正期間へと入っていきます。

ですから、虫歯や歯周病などがないかを調べるためにレントゲン写真を撮ります。

平均するとワイヤー矯正に必要になる期間は2、3年で、川越の矯正歯科でもそれくらいの期間が指標となっている事でしょう。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.