川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正の適応症や治療に伴う注意点

治療期間中も口元の審美性が低下しにくい矯正法としては、川越の矯正歯科でもマウスピース矯正を第一に挙げていますが、そもそも矯正治療というのが特別な歯科治療であるため、どういった症例に適応され、治療中にはどのようなことに注意すべきなのかはなかなかわからないものですよね。

とくに、マウスピース矯正というのは矯正治療の中でも比較的新しい矯正法でもあるため、川越の矯正歯科にいらっしゃる川越在住の患者さまも治療内容などに疑問点があり、矯正医に質問してみたいことが多々あることでしょう。

おそらく、川越の矯正歯科でマウスピース矯正をご希望される患者さまであれば、透明なマウスピースを使って歯並びを改善する、という基本的な治療内容についてご存知かと思いますが、具体的な適応症などはなかなかイメージしにくいかと思います。

そこで今回は、川越の矯正歯科で実施しているマウスピース矯正について、どういった歯並びの異常に対応できるかや、マウスピースを装着している時の注意点、マウスピースを外している時に気を付けるべきことなどを矯正医の観点から詳しく解説します。

けれども、マウスピース矯正が万能であると思いめぐらす のもリスキーです。

▽マウスピース矯正の治療期間は?

続いて、マウスピースを用いた時の矯正期間についてです。

マウスピースを用いたケース、矯正期間が長い間なると思っている患者さんがいらっしゃいます。

ですから、一定の不快感や痛さは感じるものです。

ですので、川越の矯正歯科に来た患者さんでも、歯列不正が著しい時では、最初にマウスピース矯正という選択の余地は外す事となっている事でしょう。

▽マウスピース矯正の適応範囲について

真っ先に第一に、マウスピース矯正は、総ての患者さんにそれに対し行える治療法ではないのです。

他にも、かくの如き八重歯に反対には、マウスピースを用いただけでは、艶やかに矯正できない事が多々あるのです。

矯正期間というのは、患者さんのお口の様子によって、大きく変わってきます。

マウスピース矯正に限定しず、矯正治療というのは、骨に埋まっている歯を、強引に動かすものです。

理由を言えば、ワイヤー矯正では、金属のワイヤーやゴツゴツとしたブラケットが、絶えずお口の中に影響しているからです。

そんな訳で今度は、患者さんが抱くであろう、マウスピース矯正に対する質問について、幾つか解説していきたいと考えます。

それと比べると、不快感や苦しみは小さいと言えます。

▽マウスピース矯正には苦しみや不快感はあるの?

最後に、マウスピース矯正の治療中における、苦痛や不快感などについてです。

▽マウスピース矯正は万能なの?

今頃では、川越の矯正歯科に来院される患者さんの中でも、マウスピース矯正を要望される方が急増してきています。

あるいは、極端に短くなると思っている患者さんもいらっしゃるようです。

これは、マウスピース矯正がそれだけ良いところの大きい治療法だからでしょう。

ただ、ひとつ言えるのは、マウスピース矯正といつもの矯正治療とでは、治療期間にそれほどの差はないという事です。

例を挙げると、犬歯だけが極端に飛び出してしまっている、八重歯の患者さんを思い浮かべてみましょう。

けれども、マウスピース矯正の時は、いつものワイヤー矯正ほどの不快感はないものと考慮しられます。

川越の矯正歯科でもそうですが、普通には、歯を動かす量がわりと少ない患者さんに適応されます。

ですから、一概にずーっとなるとか短くなるとかは言えません。

こうした患者さんにそれに対しマウスピースをはめるとなると、かなりスペシャルな形を提供したものが必須になりますよね。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.