川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正に伴うリスクや注意点を解説

川越の矯正歯科ではいわゆるマウスピース矯正を行っておりますが、治療に伴う痛みや不快感、トラブルなど事前に知っておくべき注意事項というものがありますので、今回はそれを簡単にご説明します。

まずマウスピース矯正は川越の矯正歯科以外でも受けることができますし、歯列矯正の選択肢としては一般的なワイヤー矯正もありますので、患者さまそれぞれに最適といえる矯正法を選ぶことが大切です。

というのも、川越の矯正歯科でも行っているマウスピース矯正にはワイヤー矯正と比較した場合に、たくさんのメリットがあることは事実なのですが、同時にでメリットも存在するということきちんと理解しておくことが大切です。

もちろんそれはワイヤー矯正にもいえることであり、川越の矯正歯科で行っているマウスピース矯正やその他の矯正法に共通したリスクや注意点というものも存在しています。

この点に関しては、川越の矯正歯科でも、はじめに解説があるかと考えます。

それは、患者さんが定期的のオーラルケアを徹底しないために、歯茎に炎症が生じてしまうのです。

この点についても、川越の矯正歯科では、キッチリと解説してくれるかと考えます。

これはもちろんと言えばもちろんですね。

川越の矯正歯科でも行われている矯正治療では、ワイヤー矯正というテクニックがメインとなっています。

これは最初に、矯正装置によって生じる物理的な苦しみというものがあります。

川越の矯正歯科でも、キッチリとした歯医者さんなら、そうした適切な処置を施してくれます。

ですから、ケアが行き届かないと、容易に歯周病を発症し、歯茎が腫れる事となるのです。

私たちのお口の中は、非常にデリケートに作られています。

矯正装置はかなり複雑なものなので、元来はお手入れが大変です。

理由を言えば、矯正装置はお口の中にとって異物以外の何ものでもないのですから。

また、このワイヤー矯正に用いられる金属製のワイヤーとブラケットは、装着した箇所が悪いと、歯茎や舌などに接触する事があるのです。

けれども、治療技術の低い矯正医は、適切な処置を施す事ができず、患者さんのお口の中を傷つけてしまうのです。

この歯茎の腫脹は、矯正装置そのものに問題がある時も腹積もりられますが、患者さん本人に問題がある事の方が多々あるかもしれません。

矯正治療中には、諸々な苦痛を感じる事があります。

特に金属製のワイヤーが口腔粘膜に当たると、口内炎を生じてさせたり、ひどければ出血のきっかけにもなり得るのです。

▽患者さん本人に問題がある事も

川越の矯正歯科でもそうですが、矯正期間中に歯茎が腫れてしまう事もあります。

それにより、矯正装置のような大きな異物が装着されると、異物感や不自然さを覚えてしまうのです。

そのような事から、矯正装置は適切なものを適切な位置に装着されなければなりません。

▽治療中の苦しみについて

さて次は、矯正治療中に感じる痛さについてです。

しかも、歯垢や歯石などもたまりやすくなっています。

最初に第一に、矯正装置による不自然さや異物感というのは、誰しもが感じるものであると言えます。

ですので、川越の矯正歯科で矯正治療を受けた事のある患者さんは、皆一様に、こうした感覚を覚えます。

▽異物感がとれない

矯正治療を着手すると、色々な異変がお口の中で起こってきます。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.