川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正にも保定は必要?

川越の矯正歯科にいらっしゃっているような人であれば、矯正治療が終了した後に「保定(ほてい)」という処置が必要となることは良くご存知かとお思いますが、それがマウスピース矯正となると話は変わってきますよね。

マウスピース矯正というのは、そもそもワイヤー矯正とは異なる部分が多いですし、そういう面もあるからこそ川越の矯正歯科でマウスピース矯正を希望される患者さまが増えているといえます。

ですから、川越の矯正歯科で受けるマウスピース矯正には、保定という処置が不要と思い込んでいる方も少なくないかと思いますが、実際はそんなことはありません。

川越の矯正歯科の矯正医も患者さまに説明しているのですが、マウスピース矯正といえどもやはり歯列矯正の一種であり、歯を動かしたあとは保定期間に入らなければならなくなります。

けれども、全部の治療が完了した後は、いかに患者さんご本人が自身なりのメンテナンスを行っていけるかにかかっています。

1年を過ぎると、かなり骨と線維が定着していきますので、装着時を減らしていっても問題ないのです。

これは移し変えした歯が後戻りしないように、一定期間そこで固定させておく処置の事差します。

2年間と聞くと、非常に以前からずっと感じられてしまいますが、実のところ通院するのは、2?6カ月に1回程度です。

もちろん、毎日のブラッシングやオーラルケアは欠かせません。

それは、保定という必須な治療段階が影響するためです。

歯医者さんの決まった健診では、歯周病の検査や虫歯防止に役立つ処置をたくさんとしてくれます。

その点は歯医者さんが詳細に指導してくれるかと考えます。

<最後に必須になるのは自身の歯並びに対する愛情?>冒頭では、歯磨きなどを念入りに行うだけでは、透明感漂うな歯並びを維持する事は容易にはいかないと言いましたよね。

特に、歯石となって歯に沈着してしまった汚れは、歯医者さんにある道具でしか透明感漂うに落とせない事があります。

合わせて、その清純な歯並びへの愛おしさから、現在まで以上に丹念に歯磨きするようになるかもしれません。

しかも、後戻りなどのトラブルがない限り、この保決まった間でスペシャルな治療をする事もないのですので、ご心配無用ください。

<如何なる風に固定するの?>気に掛かるのは、歯の固定の仕方ですよね。

そうして、お口の中の衛生ステータスに気を遣いながら、治療後も数十年、素晴らしいな歯並びを維持してみませんか?。

このくらいの頻度であれば、特に大きな負担にはならないかと考えます。

他にも、矯正前とは比べ物にならないほど、歯磨きがしやすくなるかと考えます。

具体的には、リテーナーという装置をお口の中に装着します。

しかしながら、歯を支えている骨や歯茎の線維というのは、まだまだ不安定なステータスなのです。

<2年間は固定が不可欠!?>矯正装置を外した時点では、治療前に思い描いていたあるべき姿の歯並びが実現されている事でしょう。

このリテーナーには、取り外せるものと取り外せないものの2種類があります。

期間としてはかれこれ、2年程度となっています。

けれども、そうした愛情だけでは清純な歯並びを維持する事はハードルが高いのです。

どっちのリテーナーを使用するにしても、スタート出来の1年間はできるだけ長い時、お口の中に装着しておく事が望ましいです。

長い時をかけて、ついに手に入れたきれい歯並びは、何にも代え難いものとなりますよね。

ただ、それだけでは十分ではないのですので、決まった的に歯科クリニックへ通いましょう。

そんな訳で絶対行われるのが、保定という処置です。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.