川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正にかかる治療期間

マウスピース矯正を川越の矯正歯科で受けようか迷っている人は、歯列矯正にどのくらいの期間がかかるのか気になっていることでしょうし、その期間によっては他の方法を検討しなければならないかもしれませんよね。

というのも、川越の矯正歯科におけるマウスピース矯正に限らず、歯並びの乱れを改善するための治療というのは、数ヶ月で終わるようなものではなく、数年単位の治療期間が必要となるのが一般的です。

実際、マウスピース矯正に関しても基本的には数年の矯正期間が必要となることを川越の矯正歯科の患者さまにお伝えしておりますし、その必要性もしっかりご理解いただけるよう、ていねいな説明を心がけております。

やはり、顎の骨に埋まっている歯を理想の位置へと移動させるには、それ相応の治療期間が必要となりますし、それは川越の矯正歯科のマウスピース矯正とて例外ではないのです。

▽矯正治療中には顎の骨が溶けている

本当は、矯正装置によって歯を動かしている時には、顎の骨が溶けているのです。

すると、その空きを埋めるように、新しい骨ができてくるのです。

硬い顎の骨を歯が移し変えするには、その周囲に影響している骨の細胞が溶けなければ動く事すらできませんよね。

そこも悩ましいはいりません。

▽歯を動かす事が手軽にな事ではない

歯列矯正に、長い治療期間を要する所以は、歯が影響している状況を考慮するとわかりやすいかもしれません。

おそらく、川越の矯正歯科でも、模型や図を用いて、歯が如何にいった状況で埋まっているかを解説してくれるかと考えます。

交通事故などの強い衝撃がなければ、そう造作なくに割れたり砕けたりはしないものです。

ただそうすると、なぜ動かす事が可能なのかがわからなくなってきますよね。

つまり、歯の移し変えというのは、骨が溶ける事骨が作られる事を交互に反復する事でできるとなるのです。

歯が移し変えすると、その後ろには空きができてしまいますよね。

ですので、川越の矯正歯科で歯列矯正に必要になる期間を聞いても、それほど驚かなくなる事かと考えます。

ですので、そうした硬い組織に埋まっている歯を動かすのですから、非常に大変な事であるのがわかって頂けるでしょうか。

そして、顎の骨が発育途中の若者の方が、矯正治療で良い結果が出るのも頷けますよね。

それに加えて、保決まった間なども含めると、そして数年の歳月を要する事となります。

川越の矯正歯科でも、その点について質問を持たれる患者さんも少なくはないのです。

新しい骨が作られやすい状況となっているため、歯の移し変えも速やかに行う事が可能なのです。

でも、骨がどんどんと溶けて行ったら、次第に顎全てが脆くなっていきそうなものです。

そのような事から、川越の矯正歯科でも小児矯正を受けるお子様がいろいろいらっしゃるのです。

私たちの歯は、顎の骨に埋まっています。

ではそもそも、矯正治療というのは何故こんなにも長い時が必要になるのでしょうか。

これは川越の矯正歯科でもどこでも、歯科医から解説される事かと考えます。

川越の矯正歯科でも行われている矯正治療は、その種類に関わらず長い時がかかります。

そう思い描くと、矯正治療に長い時が不可欠になる事に、他にも賛同可能なようになるのではないでしょうか。

俗には、2年前後必要になるものとお腹積もり下さい。

骨というのは非常に硬いですよね。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.