川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正と裏側矯正はどちらが目立たない?

大人になってから歯並びの矯正を受けるとなると、やはり目立たず周囲に気付かれにくい矯正法を選びたいという患者さまが川越の矯正歯科には多く、その選択肢としてはマウスピース矯正や裏側矯正などをご提示しております。

目立たない歯列矯正の方法とえばやはりマウスピース矯正ですが、人によっては裏側矯正の方が適している場合もあり、それは川越の矯正歯科でしっかりと検査を行った上でなければ判断することは難しいといえます。

とはいえ、マウスピース矯正の適応範囲というのは非常に広くなってきており、周囲に気付かれにくいだけではなく、装着感も良好である点で川越の矯正歯科の患者さまにはマウスピース矯正をおすすめしやすい傾向にあるといえます。

ただ、矯正治療の選択肢というのは多ければ多いほど、川越の矯正歯科の患者さまにとっても利点が大きいので、今回はマウスピース矯正だけではなく、裏側矯正の特徴やメリット、デメリットなどについてもわかりやすく解説します。

とはいっても、この裏側矯正にも、適度に悪い面がある事を知っておきましょう。

▽スタンダードな矯正法について川越の矯正歯科でもそうですが、一般的な矯正治療というのは、ワイヤー矯正を指します。

ですから、外から見ると、矯正装置が全く見えません。

ワイヤー矯正ほどスタンダードではないのですが、現在まで数多くの患者さんがこの裏側矯正で歯並びを治してきました。

裏側矯正というのは、文字通り、歯の裏側に矯正装置を装着する矯正法です。

それにより、裏側矯正であれば、普通に矯正治療をしている事がわからないのです。

世の中で広く行われ、更に長い間、応用され続けている矯正法ですから、長所もふんだんにある事は間違いないのです。

その一方で、ワイヤー矯正には悪いところもあり、そうした点について、川越の矯正歯科にも折衝にやってくる患者さんもいらっしゃいます。

それにより、川越の矯正歯科では、ワイヤー矯正を開始出来てから、その悪い面について悩んでしまう患者さんもいらっしゃるのです。

ワイヤー矯正とは、金属製のワイヤーとブラケットと呼ばれる装置からなるもので、これが世の中的にもスタンダードな矯正法と言えるでしょう。

ワイヤー矯正では、歯の表面にワイヤーとブラケットを装着するため、口を開けたらひと目で、矯正している事が分かってしまうのです。

こうした短所は、ワイヤーやブラケットを可能なだけ際立たない装置で代用する事で、そこそこ和らげるする事ができます。

その一方で結局、これだけ目に付く矯正装置は嫌だと言う方には、裏側矯正をお勧めします。

▽裏側矯正の短所とは裏側矯正は、際立たない矯正法で、審美性においてかなり大きな長所があると言えます。

けれども、その反面、適用可能な症例が限定しれているという悪いところも影響するのです。

裏側矯正で矯正可能な歯列不正は限定しれていますので、その点は川越の矯正歯科に話し合いしてみましょう。

▽ワイヤー矯正の短所とはワイヤー矯正には、矯正装置が目立ちやすいという大きな悪い面が影響しています。

▽裏側矯正なら際立たない!?裏側矯正は、川越の矯正歯科のそんなにで行われている矯正法です。

ですから、川越の矯正歯科では、来院される数多くの患者さんに反対に、このワイヤー矯正を行っています。

そうった強みが裏側矯正にはあるため、川越の矯正歯科でも裏側矯正を要望する患者さんが数多く影響しています。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.