川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正で治療できない歯並びもある?

川越の矯正歯科でも行っているマウスピース矯正は、とても人気のある治療法であり、万能なものとも思われがちですが、実際はすべてのケースで行えるというものでもありません。

やはり、適応範囲が広いものとしてはワイヤー矯正が挙げられますし、川越の矯正歯科ではそれぞれの症例に最適といえる矯正法を提案しておりますので、必ずしもマウスピース矯正がベストな選択となるわけではないのです。

そこで知りたいのが川越の矯正歯科のマウスピース矯正が適応とならないケースですよね。

実際のところ、マウスピース矯正で治せる歯並びというのは実にたくさんの種類があるのですが、やはり川越の矯正歯科のマウスピース矯正にも例外というものがありますので、今回はその点についてわかりやすく解説します。

口呼吸になると、いつもお口がわずか開いている状況となるため、顎の筋肉が緩む事になります。

他には、鼻呼吸というものがありますが、お口の健康にとっては口呼吸が悪されています。

ですので、川越の矯正歯科でも言われるかもしれませんが、お子様の口呼吸に関しては、ご両親が配慮してあげる不可欠があります。

このように、たかが口呼吸と思われるかもしれませんが、お口の中にいろいろの弊害をもたらすものなのです。

そして、前歯が前方に出て、出っ歯という症状を引き起こしてしまうのです。

理由を言えば、先ほども述べたように、お子様の顎や歯というのは発育途中にあるのです。

ですので、川越の矯正歯科でも、出っ歯を主訴として来院された患者さんにそれに対し、呼吸法に注意する事が普段的に行われています。

それだけに、川越の矯正歯科では、口呼吸をしている患者さんに反対に、それを改善するよう働きかけるのです。

反対に言えば、口呼吸をやめて、鼻呼吸にするだけで、歯列不正を防止したり、または虫歯や歯周病さえ阻止可能なようになるのです。

口呼吸とは文字通り、口で呼吸する事です。

そうした大事なポイントに、悪影響の大きい口呼吸をしてしまうと、たくさんちなみに口のトラブルを招いてしまいます。

口呼吸には、タイトルにも書いてある通り、出っ歯を促進する作用があります。

他に、口呼吸はお口の中の乾かすも促進してしまうため、虫歯ができやすい環境を用意する事となります。

皆さんは、口呼吸という会話をご存知でしょうか。

呼吸法であればもうに確かめる事ができますし、それによって生じている歯列不正についても、迅速に思い巡らすをする事が可能なからです。

▽口呼吸がもたらす弊害とは

川越の矯正歯科でもそうですが、歯並びが悪い患者さんにそれに対しは、最初に呼吸法を確かめる歯医者さんが多々あるかと考えます。

▽お子様の口呼吸には特に配慮

川越の矯正歯科でも忠告していますが、お子様の口呼吸には、アダルト以上に用心を払う不可欠があります。

具体的には、顎の奥行きが狭くなる事があります。

その結果、顎の骨や筋肉、それから歯の発育にまで影響を及ぼしてしまうのです。

そのような解説を川越の矯正歯科でも行うと、呼吸法の価値があるさを患者さんにも習得してもらう事ができます。

こういった癖は自身本人で気付きにくいものですから、周囲の身内が指摘してあげる事が価値があるなのです。

では、口呼吸というのは、実のところに如何にいった弊害をもたらすのでしょうか。

川越の矯正歯科などでもよく使用される会話なのですが、それほど手を焼くものではないのです。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.