川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正で歯科医院に通う頻度

川越の矯正歯科では、比較的快適にかつ気軽に受けられるマウスピース矯正の人気が高まっていますが、メリットだけではなくデメリットもしっかりと理解した上で治療を選択してほしいと考えております。

例えば、多くの患者さまが気になるマウスピース矯正の通院頻度ですが、これは一般の歯科治療と比べると極端に低くなるため、マウスピース矯正におけるひとつの大きなメリットということができます。

マウスピース矯正はいろいろな負担が小さい矯正法だけに、川越の矯正歯科に通う頻度が高いのでは?と思い込んでいて、それをデメリットと勘違いしていらっしゃる人もおられますが、実際はそんなことはありません。

具体的には、マウスピース矯正を川越の矯正歯科で受ける場合、1ヶ月に1回以上通院することはまずありませんし、順調であればもっと長いスパンで間隔をあけることが可能なのです。

とはいっても、数年間と言っても、毎週のように歯科クリニックへ足を運ばなければならないというわけではないのです。

使用するマウスピースによっては、2?3週間に1回通院する事があります。

歯列矯正は、数年間にも及ぶ長期的な治療です。

以上のようなペースで治療が進み、治療が終了したあとに、保決まった間へと入って行きます。

これは歯列の移り変わりに組み合わせて、新しいマウスピースを成形していくためです。

<どれほどのペースで通院するの?>歯列矯正での通院のペースというのは、患者さんの歯並びのステータスや、使用する矯正装置によってかなり異なってきます。

その都度、どれほど歯が動いているかなども参考にしてくれるかと考えます。

ですので、進化期のお子様に使われる事がおおかたです。

ワイヤー矯正では、治療の段階に組み合わせて、ワイヤーをチェンジしていきます。

<顎の骨から矯正する時>顎の骨に異常があって、歯並びが乱れているケースは、ヘッドギアやチン帽子といった大型の矯正装置を使用します。

★本年らしい浅めのカタチが見所です。

それに加えて、支払った高価の治療費も無意味になる事だってあるのです。

もしも治療を途中でやめてしまったら、かえって歯並びが悪くなってしまう事もあります。

そんな訳で真っ先に、デフォルト的な矯正治療を受けた事例の通院ペースについてですが、おおよそ1?2カ月に1回、通院すれば十分かと考えます。

診療時としては30分程度なので、それほど負担にはならないかと考えます。

このデフォルト的な治療というのは、いわゆるワイヤー矯正を指しています。

それだけに、歯列矯正の治療を着手する前には、そこそこの心の仕込みが必須になってくるかもしれませんね。

なお、ワイヤーをひっかけるブラケットという装置のメンテナンスも不可欠なため、1?2カ月に1回は矯正医に診てもらった方が良いかと考えます。

加えて、途中でやめる事もできません。

と言っても、診療時自体は30分程度なので、大きな時を割かれる事はないのです。

そのときは、後戻りなどの経過を見るだけなので、診療もたやすく終わるかと考えます。

保決まった間中は、おおよそ3?6カ月に1回程度、歯科クリニックを訪問する事となります。

透明なプラスチック製のマウスピースで歯並びを良くするため、歯列矯正をしている事は滅多にばれない優れた矯正法です。

これらを装着する事によって、顎の骨の発展を抑制したりします。

そうした通院の頻度について知っておくと、歯列矯正を受けるか如何にか心積もりやすいかと考えます。

こうした矯正手法の時は、2?3か月に1回の通院でも問題ないのです。

このマウスピース矯正の事例は、ワイヤー矯正よりもしょっちゅうに通院する必須があります。

<マウスピース矯正はこまめに調節?>昨今、マウスピース矯正という矯正法が流行を集めています。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.